機能と数式 | VBA | セミナー | オンラインソフト | お問い合わせ | その他
Top > Excel > VBA > VBAの関数

VBAの関数



VBAの命令(コマンド)は大きく4つに分類できます。

  1. プロパティ
  2. メソッド
  3. ステートメント
  4. 関数

プロパティとメソッドはオブジェクトごとに決まっています。たとえば「Worksheets("Sheet1").Name = "tanaka"」のNameはWorksheetオブジェクトのプロパティですし「Range("A1").ClearContents」のClearContentsはRangeオブジェクトのメソッドです。こうしたプロパティやメソッドはマクロ記録で調べることができますし、どのオブジェクトにどんなプロパティやメソッドが用意されているかはヘルプで容易に調べることができます。

ステートメントはIf ThenSelect Caseなどマクロの挙動を制御する構文として使われたり、プロシージャの先頭で用いるSub、あるいはプロシージャの終わりで使うEndなどがあります。これらステートメントは、何かひとつの結果を得るというのではなく、マクロ全体の流れに関連することが多いので、命令語と意識しないで使われています。VBAで使用できるステートメントの一覧は「リファレンス:VBAのステートメント」をご覧ください。

関数は何かの結果を返す専用の命令語です。多くの関数は引数を受け取り、いつも決まった結果を返します。たとえばUCase関数は引数で指定したアルファベットを大文字に変換しますし、Date関数は引数を受け取らず常に現在の日付を返します。これらVBAの関数には非常に便利なものが多く、関数を一切使わないマクロは希でしょう。しかし、関数はマクロ記録で記録されません。VBAの関数を便利に使うにはどんな関数が用意されているのかを知っておかなければなりません。ところが残念ながら、最近のVBAヘルプでは関数の一覧を見つけ出すことが非常に難しいです。そこで、ここではVBAの全関数をご紹介します。





  • Abs
    数値の絶対値を返します。
    役立ち度:★★☆☆☆
    Abs 関数の解説と使い方
  • Array
    配列を格納したバリアント型を返します。
    役立ち度:★★★☆☆
    Array 関数の解説と使い方
  • Asc
    引数に指定したstringの、最初の文字のASCIIコードを整数型で返します。
    役立ち度:★★★☆☆
    Asc 関数の解説と使い方
  • AscB
    引数に指定したstringの、最初の文字のバイトデータを整数型で返します。
    役立ち度:★★☆☆☆
    AscB 関数の解説と使い方
  • AscW
    引数に指定したstringの、最初の文字のUnicode文字セットを返します。
    役立ち度:★★★☆☆
    AscW 関数の解説と使い方
  • Atn
    直角三角形の直角をはさむ2辺の割合を引数として受け取り、それに対応する角度を返します。
    役立ち度:☆☆☆☆
    Atn 関数の解説と使い方
  • CallByName
    指定したオブジェクトのメソッドを実行したり、プロパティの値を設定したりします。
    役立ち度:☆☆☆☆
    CallByName 関数の解説と使い方
  • CBool
    引数を評価してブール型「真(True)/偽(False)」を返します。
    役立ち度:★★☆☆☆
    CBool 関数の解説と使い方
  • CByte
    引数を評価してバイト型「0〜255」を返します。
    役立ち度:★★☆☆☆
    CByte 関数の解説と使い方
  • CCur
    引数を評価して通貨型「-922,337,203,685,477.5808 〜 922,337,203,685,477.5807」を返します。
    役立ち度:★★☆☆☆
    CCur 関数の解説と使い方
  • CDate
    文字列や数値を日付型(Date)に変換します。
    役立ち度:★★☆☆☆
    CDate 関数の解説と使い方
  • CDbl
    引数を評価して倍精度浮動小数点数型「-1.79769313486232E308 〜 -4.94065645841247E-324」を返します。
    役立ち度:★★☆☆☆
    CDbl 関数の解説と使い方
  • CDec
    引数を評価して10進型(Decimal)を返します。
    役立ち度:★★☆☆☆
    CDec 関数の解説と使い方
  • Choose
    第2引数以降に指定したリストからindexで指定した項目を返します。
    役立ち度:★★☆☆☆
    Choose 関数の解説と使い方
  • Chr、ChrB、ChrW
    指定した文字コードに対する文字列型の値を返します。
    役立ち度:★★★☆☆
    Chr、ChrB、ChrW 関数の解説と使い方
  • CInt
    引数を評価して整数型「-32,768 〜 32,767」を返します。
    役立ち度:★★☆☆☆
    CInt 関数の解説と使い方
  • CLng
    引数を評価して整数型「-2,147,483,648 〜 2,147,483,647」を返します。
    役立ち度:★★☆☆☆
    CLng 関数の解説と使い方
  • Cos
    引数として角度を受け取り、その角度をはさむ直角三角形の2辺の比を返します。
    役立ち度:☆☆☆☆
    Cos 関数の解説と使い方
  • CreateObject
    ActiveXオブジェクトへの参照を作成して返します。
    役立ち度:★★★☆☆
    CreateObject 関数の解説と使い方
  • CSng
    引数を評価して単精度浮動小数点数型「-922,337,203,685,477.5808 〜 922,337,203,685,477.5807」を返します。
    役立ち度:★★☆☆☆
    CSng 関数の解説と使い方
  • CStr
    引数を評価して文字列型を返します。
    役立ち度:★★☆☆☆
    CStr 関数の解説と使い方
  • CurDir
    指定したドライブの現在のパスを返します。
    役立ち度:★★★☆☆
    CurDir 関数の解説と使い方
  • CVar
    引数を評価してバリアント型を返します。
    役立ち度:★★☆☆☆
    CVar 関数の解説と使い方
  • CVDate
    日付文字列やシリアル値を日付型に変換します。
    役立ち度:★★☆☆☆
    CVDate 関数の解説と使い方
  • CVErr
    ユーザー指定のエラーを作成できます。
    役立ち度:★★☆☆☆
    CVErr 関数の解説と使い方
  • Date
    現在の日付を文字列で返します。
    役立ち度:★★★☆☆
    Date 関数の解説と使い方
  • DateAdd
    任意の日付や時間に特定の間隔を追加してその結果を返します。
    役立ち度:★★☆☆☆
    DateAdd 関数の解説と使い方
  • DateDiff
    2つの日付の間隔を返します。
    役立ち度:★★☆☆☆
    DateDiff 関数の解説と使い方
  • DatePart
    引数dateで指定した日付を引数intervalで指定した単位で評価します。
    役立ち度:★★☆☆☆
    DatePart 関数の解説と使い方
  • DateSerial
    3つの引数で指定された日付を意味するシリアル値を返します。
    役立ち度:★★☆☆☆
    DateSerial 関数の解説と使い方
  • DateValue
    引数dateで指定された文字列型の日付から、日付を表すバリアント型の値を返します。
    役立ち度:★★☆☆☆
    DateValue 関数の解説と使い方
  • Day
    引数dateで指定された日付が月の何日かを表す1〜31の値を返します。
    役立ち度:★★★☆☆
    Day 関数の解説と使い方
  • DDB
    減価償却費を返します。
    役立ち度:☆☆☆☆
    DDB 関数の解説と使い方
  • Dir
    指定したファイルまたはフォルダの名前を返します。
    役立ち度:★★★★
    Dir 関数の解説と使い方
  • DoEvents
    発生したイベントがオペレーティングシステムによって処理されるように制御を戻します。
    役立ち度:★★★★
    DoEvents 関数の解説と使い方
  • EnViron
    オペレーティングシステムの環境変数を返します。
    役立ち度:★★☆☆☆
    EnViron 関数の解説と使い方
  • EOF
    ランダムアクセスモードまたはシーケンシャル入力モードで開いたファイルの現在位置がファイルの末尾に達しているときTrueを返します。
    役立ち度:★★★★
    EOF 関数の解説と使い方
  • Error
    引数numで指定したエラー番号に対応するエラーメッセージを表示します。
    役立ち度:★★★☆☆
    Error 関数の解説と使い方
  • Exp
    eを底とする数式のべき乗(指数関数)を計算します。
    役立ち度:☆☆☆☆
    Exp 関数の解説と使い方
  • FileAttr
    Openステートメントで開いているファイルのファイルモードを返します。
    役立ち度:★★☆☆☆
    FileAttr 関数の解説と使い方
  • FileDateTime
    引数pathnameで指定したファイルの、作成日時または最終修正日時を返します。
    役立ち度:★★★☆☆
    FileDateTime 関数の解説と使い方
  • FileLen
    引数pathnameで指定したファイルのサイズをバイト数で返します。
    役立ち度:★★★☆☆
    FileLen 関数の解説と使い方
  • Filter
    引数includeにTrueを指定すると、指定した配列の要素から、任意の文字列を含む要素だけからなる配列を返します。
    役立ち度:★★★☆☆
    Filter 関数の解説と使い方
  • Fix
    引数numの小数部分を取り除いた整数を返します。
    役立ち度:★★☆☆☆
    Fix 関数の解説と使い方
  • Format
    引数expressionで指定した式を引数formatで指定した形式で返します。
    役立ち度:★★★★
    Format 関数の解説と使い方
  • FormatCurrency
    通貨形式の文字列を返します。
    役立ち度:★★☆☆☆
    FormatCurrency 関数の解説と使い方
  • FormatDateTime
    日付形式または時刻形式の文字列を返します。
    役立ち度:★★☆☆☆
    FormatDateTime 関数の解説と使い方
  • FormatNumber
    数値形式の文字列を返します。
    役立ち度:★★☆☆☆
    FormatNumber 関数の解説と使い方
  • FormatPercent
    パーセント形式の文字列を返します。
    役立ち度:★★☆☆☆
    FormatPercent 関数の解説と使い方
  • FreeFile
    Openメソッドで指定する、使用可能なファイル番号を返します。
    役立ち度:★★★☆☆
    FreeFile 関数の解説と使い方
  • FV
    定額の支払いを一定期間続けたとき、その期間中の利率が一定だった場合の将来価値を返します。
    役立ち度:☆☆☆☆
    FV 関数の解説と使い方
  • GetAllSettings
    SaveSettingステートメントで保存したレジストリデータのうち、引数sectionで指定したセクション以下すべてのデータを配列形式で返します。
    役立ち度:★★★☆☆
    GetAllSettings 関数の解説と使い方
  • GetAttr
    ファイルまたはフォルダの属性を示す値を整数型で返します。
    役立ち度:★★☆☆☆
    GetAttr 関数の解説と使い方
  • GetObject
    ActiveXオブジェクトへの参照を作成して返します。
    役立ち度:★★★☆☆
    GetObject 関数の解説と使い方
  • GetSetting
    SaveSettingステートメントで保存したレジストリデータのうち、引数keyで指定したキー項目の値を取得します。
    役立ち度:★★★☆☆
    GetSetting 関数の解説と使い方
  • Hex
    指定した値を16進で表した文字列を返します。
    役立ち度:★★☆☆☆
    Hex 関数の解説と使い方
  • Hour
    時刻を表す0〜23の整数をバリアント型で返します。
    役立ち度:★★★★
    Hour 関数の解説と使い方
  • IIf
    式を評価して値を返します。
    役立ち度:★★★☆☆
    IIf 関数の解説と使い方
  • IMEStatus
    IMEの現在の状況を示す整数値を返します。
    役立ち度:★★★☆☆
    IMEStatus 関数の解説と使い方
  • Input
    シーケンシャル入力モードまたはバイナリモードで開いたファイルから、指定した文字数の文字列を読み込み文字列型の値を返します。
    役立ち度:★★☆☆☆
    Input 関数の解説と使い方
  • InputB
    シーケンシャル入力モードまたはバイナリモードで開いたファイルから、指定したバイト数のバイトデータを読み込み文字列型の値を返します。
    役立ち度:★★☆☆☆
    InputB 関数の解説と使い方
  • InputBox
    テキストボックスを持つダイアログボックスを表示して、ユーザーから入力された値を返します。
    役立ち度:★★★★
    InputBox 関数の解説と使い方
  • InStr
    引数string1で指定した文字列の中から引数string2で指定した文字列を検索して、見つかった位置を返します。
    役立ち度:★★★★★
    InStr 関数の解説と使い方
  • InstrB
    引数string1で指定した文字列の中から引数string2で指定した文字列をバイトデータとして検索し、見つかった位置を返します。
    役立ち度:★★☆☆☆
    InstrB 関数の解説と使い方
  • InStrRev
    引数string1で指定した文字列の中から引数string2で指定した文字列を後方から検索して、見つかった位置を返します。
    役立ち度:★★★★
    InStrRev 関数の解説と使い方
  • Int
    引数numの小数部分を取り除いた整数を返します。
    役立ち度:★★★★
    Int 関数の解説と使い方
  • IPmt
    定額の支払いを一定期間続けたとき、その期間中の利率が一定だった場合の投資期間内の指定した期に支払う利息を返します。
    役立ち度:☆☆☆☆
    IPmt 関数の解説と使い方
  • IRR
    一連の定期的なキャッシュフローに対する内部利益率を返します。内部利益率とは、一定の期間ごとに発生する支払いと収益からなる投資効率を表す利率のことです。
    役立ち度:☆☆☆☆
    IRR 関数の解説と使い方
  • IsArray
    引数varnameで指定した変数が配列であった場合Trueを返します。配列でなかった場合にはFalseを返します。
    役立ち度:★★★★
    IsArray 関数の解説と使い方
  • IsDate
    引数expressionで指定した式が、日付に変換できる場合はTrueを返します。日付に変換できない場合はFalseを返します。
    役立ち度:★★★☆☆
    IsDate 関数の解説と使い方
  • IsEmpty
    引数expressionで指定したバリアント型変数がEmpty値である場合Trueを返します。Empty値でない場合はFalseを返します。
    役立ち度:★★☆☆☆
    IsEmpty 関数の解説と使い方
  • IsError
    引数expressionで指定したバリアント型変数がエラー値である場合Trueを返します。エラー値でない場合はFalseを返します。
    役立ち度:★★☆☆☆
    IsError 関数の解説と使い方
  • IsMissing
    プロシージャに省略可能な引数が渡されたかどうかを判定します。
    役立ち度:★★★☆☆
    IsMissing 関数の解説と使い方
  • IsNull
    引数expresionの値がNull値であるときTrueを返します。
    役立ち度:★★★☆☆
    IsNull 関数の解説と使い方
  • IsNumeric
    引数expresionが、数値として認識できる場合はTrueを返します。それ以外はFalseを返します。
    役立ち度:★★☆☆☆
    IsNumeric 関数の解説と使い方
  • IsObject
    引数identifierに指定された変数がオブジェクト型の場合、またはオブジェクトを参照しているバリアント型の場合にTrueを返します。
    役立ち度:★★☆☆☆
    IsObject 関数の解説と使い方
  • Join
    指定した配列内の要素を結合した文字列を返します。
    役立ち度:★★★☆☆
    Join 関数の解説と使い方
  • LBound
    配列で使用できる最小の添え字を表す整数値を返します。
    役立ち度:★★★★
    LBound 関数の解説と使い方
  • LCase
    アルファベットの大文字を小文字に変換します。
    役立ち度:★★★★
    LCase 関数の解説と使い方
  • Left
    引数stringで指定した文字列の左端から、引数lengthで指定した文字数分の文字列を返します。
    役立ち度:★★★★★
    Left 関数の解説と使い方
  • LeftB
    引数stringで指定した文字列の左端から、引数lengthで指定したバイト数分の文字列を返します。
    役立ち度:★★★☆☆
    LeftB 関数の解説と使い方
  • Len
    引数stringで指定した文字列の、文字数を返します。
    役立ち度:★★★★★
    Len 関数の解説と使い方
  • LenB
    引数stringで指定した文字列の、バイト数を返します
    役立ち度:★★★☆☆
    LenB 関数の解説と使い方
  • LoadPicture
    引数picturefilenameで指定した画像ファイルの画像を返します。
    役立ち度:★★★★
    LoadPicture 関数の解説と使い方
  • Loc
    開いているファイルの、現在の読み込み位置または書き込み位置を示す長整数型の値を返します。
    役立ち度:★★☆☆☆
    Loc 関数の解説と使い方
  • LOF
    Openステートメントで開いているファイルの長さを返します。
    役立ち度:★★☆☆☆
    LOF 関数の解説と使い方
  • Log
    自然対数を返します。
    役立ち度:☆☆☆☆
    Log 関数の解説と使い方
  • LTrim
    引数stringで指定した文字列から先頭のスペースを削除した結果を返します。
    役立ち度:★★★☆☆
    LTrim 関数の解説と使い方
  • MacID
    Macintoshのファイルタイプを、Dir、Kill、Shell、およびAppActivate関数で使う値に変換します。MacID関数は、Macintosh専用の関数です。
    役立ち度:☆☆☆☆
    MacID 関数の解説と使い方
  • MacScript
    AppleScriptのスクリプトを実行します。MacScript関数は、Macintosh専用の関数です。
    役立ち度:☆☆☆☆
    MacScript 関数の解説と使い方
  • Mid
    引数stringで指定した文字列の、引数startで指定した位置から引数lengthで指定した長さの文字列を返します。
    役立ち度:★★★★★
    Mid 関数の解説と使い方
  • MidB
    引数stringで指定した文字列の、引数startで指定した位置から引数lengthで指定したバイト数の文字列を返します。
    役立ち度:★★★☆☆
    MidB 関数の解説と使い方
  • Minute
    分を表す0〜59の整数をバリアント型で返します。
    役立ち度:★★★★
    Minute 関数の解説と使い方
  • MIRR
    定期的な支払いと収益に対して修正内部利益率を返します。
    役立ち度:☆☆☆☆
    MIRR 関数の解説と使い方
  • Month
    1年のうち何月かを表す1〜12の整数をバリアント型で返します。
    役立ち度:★★★☆☆
    Month 関数の解説と使い方
  • MonthName
    月を表す文字列を返します。
    役立ち度:★★★☆☆
    MonthName 関数の解説と使い方
  • MsgBox
    ダイアログボックスにメッセージとボタンを表示し、どのボタンが押されたかを示す整数型の数値を返します。
    役立ち度:★★★★★
    MsgBox 関数の解説と使い方
  • Now
    現在の日付と時刻を表すバリアント型の値を返します。
    役立ち度:★★★★★
    Now 関数の解説と使い方
  • NPer
    定額の支払いを一定期間続けたとき、その期間中の利率が一定だった場合の投資に必要な期間を返します。
    役立ち度:☆☆☆☆
    NPer 関数の解説と使い方
  • NPV
    定期的なキャッシュフローと割引率に基づいて、投資の正味現在価値を返します。
    役立ち度:☆☆☆☆
    NPV 関数の解説と使い方
  • Oct
    指定した値を8進で表した文字列を返します。
    役立ち度:★★☆☆☆
    Oct 関数の解説と使い方
  • Partition
    引数numで指定した整数が、区切られた複数の範囲のうち、どの範囲に属するかを文字列で返します。
    役立ち度:★★☆☆☆
    Partition 関数の解説と使い方
  • Pmt
    定額の支払いを一定期間続けたとき、その期間中の利率が一定だった場合の投資に必要な定期支払額を返します。
    役立ち度:☆☆☆☆
    Pmt 関数の解説と使い方
  • PPmt
    定額の支払いを一定期間続けたとき、その期間中の利率が一定だった場合の指定した期に支払う元金を返します。
    役立ち度:☆☆☆☆
    PPmt 関数の解説と使い方
  • PV
    定額の支払いを一定期間続けたとき、その期間中の利率が一定だった場合の現在の投資価値を返します。
    役立ち度:☆☆☆☆
    PV 関数の解説と使い方
  • QBColor
    指定した色番号に対応するRGBコードを表す長整数型の値を返します。
    役立ち度:★★☆☆☆
    QBColor 関数の解説と使い方
  • Rate
    投資期間を通じての利率を返します。
    役立ち度:☆☆☆☆
    Rate 関数の解説と使い方
  • Replace
    任意の文字列で、特定の文字列を、指定した文字列に置き換えた文字列を返します。
    役立ち度:★★★★
    Replace 関数の解説と使い方
  • RGB
    色のRGB値を示す長整数型の値を返します。
    役立ち度:★★★☆☆
    RGB 関数の解説と使い方
  • Right
    引数stringで指定した文字列の右端から、引数lengthで指定した文字数分の文字列を返します。
    役立ち度:★★★★★
    Right 関数の解説と使い方
  • RightB
    引数stringで指定した文字列の右端から、引数lengthで指定したバイト数分の文字列を返します。
    役立ち度:★★★☆☆
    RightB 関数の解説と使い方
  • Rnd
    0以上1未満の乱数を発生させます。
    役立ち度:★★★☆☆
    Rnd 関数の解説と使い方
  • Round
    指定した小数点位置で丸めた数値を返します。
    役立ち度:★★★☆☆
    Round 関数の解説と使い方
  • RTrim
    引数stringで指定した文字列から末尾のスペースを削除した結果を返します。
    役立ち度:★★★☆☆
    RTrim 関数の解説と使い方
  • Second
    秒を表す0〜59の整数をバリアント型で返します。
    役立ち度:★★★☆☆
    Second 関数の解説と使い方
  • Seek
    開いているファイルの、現在の読み込み位置または書き込み位置を示す長整数型の値を返します。
    役立ち度:★★☆☆☆
    Seek 関数の解説と使い方
  • Sgn
    引数numで指定した値の符号を返します。
    役立ち度:☆☆☆☆
    Sgn 関数の解説と使い方
  • Shell
    実行可能プログラムを実行し、実行が完了するとプログラムのタスクIDを示すバリアント型の値を返します。
    役立ち度:★★★★
    Shell 関数の解説と使い方
  • Sin
    引数として角度を受け取り、その角度を含む直角三角形の2辺の比を返します。
    役立ち度:☆☆☆☆
    Sin 関数の解説と使い方
  • SLN
    定額法による減価償却費を返します。
    役立ち度:☆☆☆☆
    SLN 関数の解説と使い方
  • Space
    引数numで指定した数のスペースからなる文字列を返します。
    役立ち度:★★★☆☆
    Space 関数の解説と使い方
  • Spc
    引数numに指定した数のスペースを挿入します。
    役立ち度:★★☆☆☆
    Spc 関数の解説と使い方
  • Split
    各要素ごとに区切られた文字列から、配列を作成して返します。
    役立ち度:★★★★★
    Split 関数の解説と使い方
  • Sqr
    引数numで指定された数値の平方根を返します。
    役立ち度:☆☆☆☆
    Sqr 関数の解説と使い方
  • Str
    引数numで指定された数値を文字列に変換します。
    役立ち度:★★★☆☆
    Str 関数の解説と使い方
  • StrComp
    引数string1で指定した文字列と引数string2で指定した文字列を、比較した結果を返します。
    役立ち度:★★☆☆☆
    StrComp 関数の解説と使い方
  • StrConv
    引数stringで指定した文字列を、引数conversionで指定した変換の結果を返します。
    役立ち度:★★★★
    StrConv 関数の解説と使い方
  • String
    引数characterで指定した文字コードに該当する文字、または引数characterで指定した文字列の先頭文字を、引数numで指定した回数並べた文字列を返します。
    役立ち度:★★★☆☆
    String 関数の解説と使い方
  • StrReverse
    指定した文字列の並びを逆にした文字列を返します。
    役立ち度:★★☆☆☆
    StrReverse 関数の解説と使い方
  • Switch
    引数exprが真だったとき対になるvalueを返します。exprとvalueの組は複数指定できます。
    役立ち度:★★☆☆☆
    Switch 関数の解説と使い方
  • SYD
    定額逓減法による減価償却費を返します。
    役立ち度:☆☆☆☆
    SYD 関数の解説と使い方
  • Tab
    引数nで指定した位置に、表示または印刷する出力位置を移動します。
    役立ち度:★★☆☆☆
    Tab 関数の解説と使い方
  • Tan
    引数として角度を受け取り、直角三角形の2辺の比を返します。
    役立ち度:☆☆☆☆
    Tan 関数の解説と使い方
  • Time
    現在の時刻を文字列で返します。
    役立ち度:★★★★
    Time 関数の解説と使い方
  • Timer
    午前0時から経過した秒数を表す単精度浮動小数点数型の値を返します。
    役立ち度:★★☆☆☆
    Timer 関数の解説と使い方
  • TimeSerial
    各引数で指定された時、分、秒を表すシリアル値を返します。
    役立ち度:★★★☆☆
    TimeSerial 関数の解説と使い方
  • TimeValue
    引数timeで指定された時刻を表すシリアル値を返します。
    役立ち度:★★★☆☆
    TimeValue 関数の解説と使い方
  • Trim
    引数stringで指定した文字列から先頭のスペースと、末尾のスペースを削除した結果を返します。
    役立ち度:★★★☆☆
    Trim 関数の解説と使い方
  • TypeName
    引数varnameで指定された変数に関する情報を返します。
    役立ち度:★★★★
    TypeName 関数の解説と使い方
  • UBound
    配列で使用できる最大の添え字を表す整数値を返します。
    役立ち度:★★★★
    UBound 関数の解説と使い方
  • UCase
    アルファベットの小文字を大文字に変換します。
    役立ち度:★★★☆☆
    UCase 関数の解説と使い方
  • Val
    引数stringで指定された文字列から、数値として有効なデータを返します。
    役立ち度:★★★☆☆
    Val 関数の解説と使い方
  • VarType
    引数vanameで指定した変数の内部処理形式を表す整数値を返します。
    役立ち度:★★★☆☆
    VarType 関数の解説と使い方
  • WeekDay
    引数dataで指定した日付が何曜日かを返す整数を返します。
    役立ち度:★★★★
    WeekDay 関数の解説と使い方
  • WeekdayName
    指定された曜日を表す文字列を返します。
    役立ち度:★★★☆☆
    WeekdayName 関数の解説と使い方
  • Year
    引数dateで指定された日付の西暦年を4桁で返します。
    役立ち度:★★★☆☆
    Year 関数の解説と使い方



このエントリーをはてなブックマークに追加