機能と数式 | VBA | セミナー | オンラインソフト | お問い合わせ | その他
Top > Excel > VBA > VBAの関数

Dir関数



構文
Dir[(pathname[,attributes])]
引数pathnameは省略可能です。ファイル名やフォルダ名を表す文字列式を指定します。
引数attributesは省略可能です。取得するファイルの属性を表す数式もしくは定数を指定します。

解説
指定したファイルまたはフォルダの名前を返します。
引数pathnameにはワイルドカードを使用できます。
引数 attributes の設定値は次のとおりです。
定数  値  内容
 vbNormal   0   標準ファイル 
 vbHidden   2   隠しファイル 
 vbSystem   4   システムファイル 
 vbVolume   8   ボリュームラベル 
 vbDirectory   16   フォルダ 

引数attributesにボリュームラベルをしてすると、他の属性は無効になります。

Dir関数は、引数pathnameで指定したファイル名と一致した最初のファイル名を返します。続けて次のファイルを取得するときには、Dir関数に引数を与えずに実行します。
該当するファイルが見つからないとき、Dir関数は長さ0の文字列を返します。長さ0の文字列を返した直後、あるいは始めてDir関数を実行するときに引数を省略するとエラーが発生します。
Dir関数を再帰的に呼び出すことはできません。

サンプル
次の例は、C:\Windowsフォルダ内にあるファイルのうち、Wで始まるファイル名の数を表示します。

Sub Sample()
    Dim cnt As Integer, tmp As String
    tmp = Dir("C:\Windows\W*.*")
    Do While tmp <> ""
        cnt = cnt + 1
        tmp = Dir()
    Loop
    MsgBox "Wで始まるファイルは" & cnt & "個あります"
End Sub



このエントリーをはてなブックマークに追加