機能と数式 | VBA | セミナー | オンラインソフト | お問い合わせ | その他
Top > Excel > VBA > VBAの関数

FV関数



構文
FV(rate,nper,pmt[,pv[,type]])
引数rateには、利率を示す倍精度浮動小数点数型の数値を指定します。
引数nperには、支払い回数の合計を示す整数型の数値を指定します。
引数pmtには、毎回の支払額を示す倍精度浮動小数点数型の数値を指定します。
引数pvは省略可能です。現在の貯蓄総額、または将来支払うべき金額の総額を指定します。
引数typeは省略可能です。支払期日を示すバリアント型の数値を指定します。

解説
FV関数は、定額の支払いを一定期間続けたとき、その期間中の利率が一定だった場合の将来価値を返します。
引数rateには、期間内の利率を指定します。たとえば年利8%の場合、0.08/12を指定します。
引数nperに指定する支払い回数は、支払期間全体の支払い数回数です。たとえば、4年間毎月支払う場合は、48回(4×12)を指定します。
引数pmtには、毎回支払う金額を指定します。毎回支払う金額には元金と利息が含まれます。支払金額が出金になる場合は、引数pmtにマイナスを指定します。
引数pvを省略すると、0を指定したものとみなされます。
各期の期末に支払う場合は、引数typeに0を指定します。支払いが各期の期首に行われる場合は、引数typeに1を指定します。引数typeが省略されると、0を指定したものとみなされます。

サンプル
次の例は、年利8%で5年間12,000円を支払い続けた場合の投資効果を計算します。

Sub Sample()
    Dim rate As Double, nper As Integer, pmt As Double
    rate = 0.08 / 12
    nper = 60
    pmt = -12000
    MsgBox Int(FV(rate, nper, pmt))
End Sub



このエントリーをはてなブックマークに追加