機能と数式 | VBA | セミナー | オンラインソフト | お問い合わせ | その他
Top > Excel > VBA > VBAの関数

FileAttr関数



構文
FileAttr(filenum,retuntype)
引数filenumには、任意のファイル番号を指定します。
引数returtypeには、取得するファイル情報を示す、1または2を指定します。

解説
Openステートメントで開いているファイルのファイルモードを返します。
引数returntypeに1を指定した場合、FileAttr関数が返す値は次のとおりです。
ファイル モード
 シーケンシャル入力モード (Input)   1 
 シーケンシャル出力モード (Output)   2 
 ランダム アクセス モード (Random)   4 
 シーケンシャル出力モード (Append)   8 
 バイナリ モード (Binary)   32 

引数returtypeに2を指定できるのは16ビットシステムだけです。32ビットシステムで引数returtypeに2を指定するとエラーが発生します。

サンプル
次の例は、ファイルのファイルモードを調べ、「シーケンシャル入力モード(Input)で開いています」が表示されます。

Sub Sample()
    Open "C:\Windows\Win.ini" For Input As #1
    Select Case FileAttr(1, 1)
    Case 1
        MsgBox "シーケンシャル入力モード(Input)で開いています"
    Case 2
        MsgBox "シーケンシャル出力モード(OutPut)で開いています"
    Case 4
        MsgBox "ランダムアクセスモード(Random)で開いています"
    Case 8
        MsgBox "シーケンシャル出力モード(Append)で開いています"
    Case 32
        MsgBox "バイナリモード(Binary)で開いています"
    End Select
    Close #1
End Sub



このエントリーをはてなブックマークに追加