機能と数式 | VBA | セミナー | オンラインソフト | お問い合わせ | その他
Top > Excel > VBA > VBAの関数

LenB関数



構文
LenB(string|varname)
引数stringには、バイト数を調べる文字列を指定します。
引数varnameには、大きさを調べる変数名を指定します。

解説
引数stringと引数varnameは、どちらかひとつを指定します。
引数stringを指定すると、引数stringで指定した文字列のバイト数を返します。
引数varnameを指定すると、引数varnameで指定した変数に必要なバイト数を返します。

サンプル
次の例は、ユーザーが入力した文字列のバイト数を表示します。

Sub Sample()
    Dim str As String
    str = InputBox("文字を入力してください")
    MsgBox str & "は" & LenB(str) & "バイトです"
End Sub



このエントリーをはてなブックマークに追加