機能と数式 | VBA | セミナー | オンラインソフト | お問い合わせ | その他
Top > Excel > VBA > VBAの関数

IRR関数



構文
IRR(values()[,guess])
引数values()には、一連のキャッシュフローの値を倍精度浮動小数点数型の配列で指定します。
引数guessは省略可能です。IRR関数の計算結果に近いと思われる値をバリアント型で指定します。

解説
一連の定期的なキャッシュフローに対する内部利益率を返します。内部利益率とは、一定の期間ごとに発生する支払いと収益からなる投資効率を表す利率のことです。
引数values()で指定した配列の順序がキャッシュフローの順序とみなされます。

サンプル
次の例は、事業資金として5000を支出し、開業後4年間のキャッシュフローをそれぞれ、1年目:2200、2年目:2500、3年目:2800、4年目:3100、としたときの内部利益率を計算します。

Sub Sample()
    Dim Guess As Variant, RetRate, Msg As String
    Dim Values(5) As Double
    Guess = 0.1
    Values(0) = -5000                       '事業資金
    Values(1) = 2200: Values(2) = 2500
    Values(3) = 2800: Values(4) = 3100
    RetRate = IRR(Values(), Guess) * 100
    Msg = "内部利益率は " & Format(RetRate, "#0.00") & " % です。"
    MsgBox Msg
End Sub



このエントリーをはてなブックマークに追加