機能と数式 | VBA | セミナー | オンラインソフト | お問い合わせ | その他
Top > Excel > VBA > VBAの関数

FormatCurrency関数



構文
FormatCurrency(Expression[,NumDigitsAfterDecimal[,IncludeLeadingDigit[,UseParensForNegativeNumbers[,GroupDigits]]]])
引数Expressionには、書式を変換する式を指定します。
引数NumDigitsAfterDecimalは省略可能です。小数点以下に表示する桁数を指定します。
引数IncludeLeadingDigitは省略可能です。小数点の左側のゼロを表示するかどうかを指定します。
引数UseParensForNegativeNumbersは省略可能です。負の値をかっこで囲むかどうかを指定します。
引数GroupDigitsは省略可能です。桁区切り記号を使用するかどうかを指定します。

解説
通貨形式の文字列を返します。
引数NumDigitsAfterDecimalを省略すると、-1が指定されたものとみなされます。
引数IncludeLeadingDigit、引数UseParensForNegativeNumbers、および引数GroupDigitsには次の定数を指定します。
定数 内容
 vbTrue   -1   真 
 vbFalse   0   偽 
 vbUseDefault   -2   [地域のプロパティ]ダイアログボックスの設定値を使用します 

サンプル
次の例は、数値を通貨形式に変換して表示します。

Sub Sample()
    Dim msg As String
    msg = FormatCurrency(12345, 2, vbFalse, vbFalse, vbTrue)
    MsgBox msg
End Sub



このエントリーをはてなブックマークに追加