機能と数式 | VBA | セミナー | オンラインソフト | お問い合わせ | その他
Top > Excel > VBA > VBAの関数

CallByName関数



構文
CallByName(object,procname,calltype,[args()])
引数objectには、対象となるオブジェクトを指定します。
引数procnameには、メソッド名またはプロパティ名を指定します。
引数calltypeには、呼び出すプロシージャの種類を指定します。
引数args()は省略可能です。メソッドやプロパティに引き渡す引数を指定します。

解説
指定したオブジェクトのメソッドを実行したり、プロパティの値を設定したりします。

引数calltypeには次の定数を指定します。
定数  値  内容
 vbGet   2   プロパティを取得します 
 vbLet   4   プロパティを設定します 
 vbMethod   1   メソッドを実行します 
 vbSet   8   プロパティにオブジェクトの参照を設定します 

サンプル
次の例は、TextBox1をMoveメソッドで移動します。

Sub Sample()
    CallByName TextBox1, "Move", VbMethod, 100, 100
End Sub



このエントリーをはてなブックマークに追加