機能と数式 | VBA | セミナー | オンラインソフト | お問い合わせ | その他
Top > Excel > VBA > VBAの関数

CreateObject関数



構文
CreateObject(class)
引数classは、appname.objecttypeの形式で指定します。
appname…オブジェクトを提供しているアプリケーションの名前
objecttype…作成するオブジェクトの種類またはクラス

解説
ActiveXオブジェクトへの参照を作成して返します。
CreateObject関数の戻り値はオブジェクト型変数に代入します。

サンプル
次の例は、CreatObject関数を使ってMicrosoft Wordへの参照を作成し、D:\Test.docの1行目を表示します。

Sub Sample()
    Dim wdApp As Variant
    Set wdApp = CreateObject("Word.Application.8")
    With wdApp
        .Documents.Open FileName:="C:\Test.doc"
        .Selection.MoveDown Unit:=5, Count:=1, Extend:=1
        MsgBox .Selection
        .ActiveDocument.Close
        .Quit
    End With
    Set wdApp = Nothing
End Sub

※Tips
CreateObject関数で作成したオブジェクトへの参照は、参照終了後解放しなければなりません。オブジェクトの参照を解放するには、オブジェクト型変数にNothingを代入します。



このエントリーをはてなブックマークに追加