機能と数式 | VBA | セミナー | オンラインソフト | お問い合わせ | その他
Top > Excel > VBA > VBAの関数

CStr関数



CStr(expression)
引数expressionには、任意の数式または文字列式を指定します。

解説
CStr関数は、引数を評価して文字列型を返します。

サンプル
次の例は「123.456789」を代入した倍精度浮動小数点数型変数(Double)を文字列型に変換した結果をバリアント型変数に代入します。その後、VarType関数でバリアント型変数の内部処理形式を調べます。

Sub Sample()
    Dim a As Double, tmp As Variant
    a = 12.345678
    tmp = CStr(a)
    MsgBox VarType(tmp)     '文字列型(8)を返します
End Sub



このエントリーをはてなブックマークに追加