機能と数式 | VBA | セミナー | オンラインソフト | お問い合わせ | その他
Top > Excel > VBA > VBAの関数

Switch関数



構文
Switch(expr-1,value-1[,expr-2,value-2 ...[,expr-n,value-n]])
引数exprには、評価する式を指定します。
引数valueには、引数exprが真だったときに返す値または式を指定します。

解説
引数exprが真だったとき対になるvalueを返します。exprとvalueの組は複数指定できます。
Switch関数は、引数に指定された式を左から順に評価して、最初に真になった式に対する値を返しますが、引数内の式はすべて評価されます。したがって、式の中にエラーとなる式がひとつでも含まれている場合、Switch関数もエラーを返します。
真になる式がひとつもない場合、Switch関数はNullを返します。

サンプル
次の例は、ユーザーが入力した曜日の読みを表示します。

Sub Sample()
    Dim str As String
    str = InputBox("曜日を入力してください")
    MsgBox Switch(str = "月曜日", "げつようび", str = "火曜日", "かようび", _
                  str = "水曜日", "すいようび", str = "木曜日", "もくようび", _
                  str = "金曜日", "きんようび", str = "土曜日", "どようび", _
                  str = "日曜日", "にちようび")
End Sub



このエントリーをはてなブックマークに追加