機能と数式 | VBA | セミナー | オンラインソフト | お問い合わせ | その他
Top > Excel > VBA > VBAの関数

StrComp関数



構文
StrComp(string1,string2[,compare])
引数string1には、任意の文字列式を指定します。
引数string2には、任意の文字列式を指定します。
引数compareは省略可能です。文字列の比較モードを指定します。

解説
引数string1で指定した文字列と引数string2で指定した文字列を、比較した結果を返します。
引数compareには次の数値を指定します。
数値 内容
 0   テキストモードで比較します。大文字と小文字の区別をしません 
 1   バイナリモードで比較をします 
 2   Microsoft Accessでのみ使用できます 

引数numを省略するとOption Compareステートメントで設定した値を指定したものとみなされます。既定値は0です。

サンプル
次の例は、ふたつの文字列を比較して結果を表示します。

Sub Sample()
    Dim string1 As String, string2 As String
    string1 = "ABC"
    string2 = "abc"
    MsgBox StrComp(string1, string2, 0)     '-1を返します。
    MsgBox StrComp(string1, string2, 1)     '0を返します。
End Sub



このエントリーをはてなブックマークに追加