機能と数式 | VBA | セミナー | オンラインソフト | お問い合わせ | その他
Top > Excel > VBA > VBAの関数

IsArray関数



構文
IsArray(varname)
引数varnameには、配列かどうかを調べる変数の名前を指定します。

解説
引数varnameで指定した変数が配列であった場合Trueを返します。配列でなかった場合にはFalseを返します。

サンプル
次の例は、変数aが配列かどうかを判定します。

Sub Sample()
    Dim a As Variant
    a = 123
    MsgBox IsArray(a)       'Falseを表示します
    a = Array(1, 2, 3)
    MsgBox IsArray(a)       'Trueを表示します
End Sub



このエントリーをはてなブックマークに追加