機能と数式 | VBA | セミナー | オンラインソフト | お問い合わせ | その他
Top > Excel > VBA > VBAの関数

Join関数



構文
Join(sourcearray[,delimiter])
引数sourcearrayには、要素を結合する配列を指定します。
引数delimiterは省略可能です。結合する要素を区切るセパレータを指定します。

解説
指定した配列内の要素を結合した文字列を返します。

サンプル
次の例は、配列の要素をカンマで区切って表示します。

Sub Sample()
    Dim myName(4) As String, msg As String
    myName(0) = "田中"
    myName(1) = "鈴木"
    myName(2) = "佐藤"
    myName(3) = "山田"
    myName(4) = "黒沢"
    msg = Join(myName, ",")
    MsgBox msg
End Sub



配列の代わりに、セル範囲を指定することはできません。



このエントリーをはてなブックマークに追加