機能と数式 | VBA | セミナー | オンラインソフト | お問い合わせ | その他
Top > Excel > VBA > VBAの関数

VarType関数



構文
VarType(varname)
引数varnameには、変数名を表す文字列式を指定します。

解説
引数vanameで指定した変数の内部処理形式を表す整数値を返します。
VarType関数の返す値は次のとおりです。
定数 内容
 vbEmpty   0   Empty値 
 vbNull   1   Null値 
 vbInteger   2   整数型 
 vbLong   3   長整数型 
 vbSingle   4   単精度浮動小数点数型 
 vbDouble   5   倍精度浮動小数点数型 
 vbCurrency   6   通貨型 
 vbDate   7   日付型 
 vbString   8   文字列型 
 vbObject   9   オブジェクト 
 vbError   10   エラー値 
 vbBoolean   11   ブール型 
 vbVariant   12   バリアント型(バリアント型配列にのみ使用) 
 vbDataObject   13   非OLEオートメーションオブジェクト 
 vbDecimal   14   10進数型 
 vbByte   17   バイト型 
 vbArray   8192   配列 

引数varnameにユーザー定義型を指定することはできません。

サンプル
次の例は、バリアント型変数の内部処理形式を表示します。

Sub Sample()
    Dim var As Variant
    var = "ABC"
    MsgBox VarType(var)         '8を表示します
    var = 123
    MsgBox VarType(var)         '2を表示します
    var = 123.456
    MsgBox VarType(var)         '5を表示します
    var = Array("A", "B", "C")
    MsgBox VarType(var)         '8204を表示します
End Sub



このエントリーをはてなブックマークに追加