機能と数式 | VBA | セミナー | オンラインソフト | お問い合わせ | その他
Top > Excel > VBA > VBAの関数

DateSerial関数



構文
DateSerial(year,month,day)
引数yearは、年を表す0〜9999の範囲の数値または数式を指定します。
引数monthは、月を表す1〜12の範囲の数値または数式を指定します。
引数dayは、日を表す1〜31の範囲の数値または数式を指定します。

解説
DateSerial関数は、3つの引数で指定された日付を意味するシリアル値を返します。
引数yearに0〜29を指定すると、2000年〜2029年と読み替えられます。また、30〜99を指定すると、1939年〜1999年と読み替えられます。

サンプル
次の例は、ユーザーが入力した年・月・日から日付シリアル値を生成し、和暦で表示します。

Sub Sample()
    Dim myYear As Integer, myMonth As Integer, myDay As Integer
    Dim myDate As Date
    myYear = InputBox("年を入力してください")
    myMonth = InputBox("月を入力してください")
    myDay = InputBox("日を入力してください")
    myDate = DateSerial(myYear, myMonth, myDay)
    MsgBox "入力された日付は、" & Format(myDate, "ggge年m月d日") & "です"
End Sub



このエントリーをはてなブックマークに追加