機能と数式 | VBA | セミナー | オンラインソフト | お問い合わせ | その他
Top > Excel > VBA > VBAの関数

FreeFile関数



構文
FreeFile(num)
引数numには、0または1を指定します。

解説
Openメソッドで指定する、使用可能なファイル番号を返します。
引数numに0を指定すると、FreeFileは1〜255の範囲のファイル番号を返します。
引数numに1を指定すると、FreeFileは256〜511の範囲のファイル番号を返します。
引数numを省略すると、0が指定されたものとみなします。
Openメソッドで、既に使用されているファイル番号を指定すると、実行時エラーが発生します。FreeFile関数を使うことで、ファイル番号の重複を避けることができます。

※Tips
引数numを省略するときは、括弧「()」も省略します。

サンプル
次の例は、FreeFile関数で使用可能なファイル番号を取得します。

Sub Sample()
    Dim n As Integer, m As Integer, buf As String
    n = FreeFile                            '1を返します
    Open "c:\autoexec.bat" For Input As n
        Line Input #n, buf
        m = FreeFile                        '2を返します
        Open "C:\Test.txt" For Output As m
            Print #m, buf
        Close m
    Close n
End Sub



このエントリーをはてなブックマークに追加