機能と数式 | VBA | セミナー | オンラインソフト | お問い合わせ | その他
Top > Excel > VBA > VBAの関数

StrConv関数



構文


引数 string には、変換する文字列を指定します。
引数 conversion には、変換の種類を指定します。

解説
引数 string で指定した文字列を、引数 conversion で指定した変換の結果を返します。
引数 conversion には次の定数を指定します。

定数  値  内容
 vbUpperCase   1   文字列を大文字に変換します 
 vbLowerCase   2   文字列を小文字に変換します 
 vbProperCase   3   文字列の各単語の先頭の文字を大文字に変換します 
 vbWide   4   文字列内の半角文字を全角文字に変換します 
 vbNarrow   8   文字列内の全角文字を半角文字に変換します 
 vbKatakana   16   文字列内のひらがなをカタカナに変換します 
 vbHiragana   32   文字列内のカタカナをひらがなに変換します 
 vbUnicode   64   システムの既定のコードページを使って文字列をUnicodeに変換します 
 vbFromUnicode   128   文字列をUnicodeからシステムの既定のコードページに変換します 

定数vbWideと定数vbNarrowは、国別情報が中国、韓国、日本の場合に適用されます。引数vbKatakanaと引数vbHiraganaは、国別情報が日本の場合に適用されます。

引数 string を指定したあとで、カンマ(,)を入力すると、次の引数 conversion で指定できる定数がリストに表示されます。



サンプル
次の例は、文字列を変換した結果を表示します。

Sub Sample()
    Dim str As String
    str = "abcDEFGHI"
    MsgBox StrConv(str, vbUpperCase)    'ABCDEFGHIを表示します
    MsgBox StrConv(str, vbLowerCase)    'abcdefghiを表示します
    MsgBox StrConv(str, vbProperCase)   'Abcdefghiを表示します
    MsgBox StrConv(str, vbWide)         'abcDEFGHIを表示します
    MsgBox StrConv(str, vbNarrow)       'abcDEFGHIを表示します
End Sub

所見
文字列を、大文字/小文字に変換する
定数  値  内容
 vbUpperCase   1   文字列を大文字に変換します 
 vbLowerCase   2   文字列を小文字に変換します 

は、あまり使われません。大文字/小文字に変換するのなら、専用の、UCase関数やLCase関数を使う方が簡単で便利です。


あと、次の「先頭文字を大文字に」も、英語をたくさん使うユーザーでなければ、あまり使う機会もないでしょう。
定数  値  内容
 vbProperCase   3   文字列の各単語の先頭の文字を大文字に変換します 

文字コードを変換する
定数  値  内容
 vbUnicode   64   システムの既定のコードページを使って文字列をUnicodeに変換します 
 vbFromUnicode   128   文字列をUnicodeからシステムの既定のコードページに変換します 

も、誰もが、日常的に、しょっちゅう使う変換ではありませんが、いわゆる全角文字と、いわゆる半角文字を区別するようなとき、たまに使いますかね。具体的な使い方は、次のページをご覧ください。


やはり、StrConvが活躍するのは、次の変換でしょう。
定数  値  内容
 vbWide   4   文字列内の半角文字を全角文字に変換します 
 vbNarrow   8   文字列内の全角文字を半角文字に変換します 
 vbKatakana   16   文字列内のひらがなをカタカナに変換します 
 vbHiragana   32   文字列内のカタカナをひらがなに変換します 

具体的な使い方は、次のページをご覧ください。




このエントリーをはてなブックマークに追加