機能と数式 | VBA | セミナー | オンラインソフト | お問い合わせ | その他
Top > Excel > VBA > VBAの関数

IsNull関数



構文
IsNull(expression)
引数expresionには、数式または文字列式を含むバリアント型の式を指定します。

解説
引数expresionの値がNull値であるときTrueを返します。
Null値とはバリアント型の変数に格納できる特殊な値で、バリアント型変数内に有効な値が入っていないことを意味します。Null値は、バリアント型変数が初期化されていない状態を表すEmpty値や、長さ0の文字列を表すNull文字列とは異なります。

サンプル
次の例は、バリアント型変数にNull値が格納されているかどうかを調べます。

Sub Sample()
    Dim a As Variant
    MsgBox IsNull(a)    'Falseを表示します
    a = ""
    MsgBox IsNull(a)    'Falseを表示します
    a = Null
    MsgBox IsNull(a)    'Trueを表示します
End Sub



このエントリーをはてなブックマークに追加