機能と数式 | VBA | セミナー | オンラインソフト | お問い合わせ | その他
Top > Excel > VBA > VBAの関数

Shell関数



構文
Shell(pathname[,windowstyle])
引数pathnameには、実行するプログラムの名を指定します。
引数windowstyleは省略可能です。実行時のウィンドウ形式を指定します。

解説
実行可能プログラムを実行し、実行が完了するとプログラムのタスクIDを示すバリアント型の値を返します。プログラムの実行に問題が発生した場合は、0を返します。
引数pathnameには、プログラムに対してのコマンドライン引数も指定できます。
引数windowstyleを省略すると、2が指定されたものとみなされます。
引数windowstyleには、次の定数を指定できます。
定数  値  内容
 vbHide   0   フォーカスを持ち、非表示にされるウィンドウ 
 vbNormalFocus   1   フォーカスを持ち、元のサイズと位置に復元されるウィンドウ 
 vbMinimizedFocus   2   フォーカスを持ち、最小化表示されるウィンドウ 
 vbMaximizedFocus   3   フォーカスを持ち、最大化表示されるウィンドウ 
 vbNormalNoFocus   4   最後にウィンドウを閉じたときのサイズと位置に復元されるフォーカスを持たないウィンドウ。現在アクティブなウィンドウは、アクティブのままです 
 vbMinimizedNoFocus   6   最小化表示されるフォーカスを持たないウィンドウ。現在アクティブなウィンドウは、アクティブのままです 

※Tips
Shell関数はプログラムを非同期的に実行します。Shell関数で起動したプログラムが終了しなくても、Shell関数の次のステートメントが実行されます。

サンプル
次の例は、Shell関数でメモ帳を起動します。

Sub Sample()
    Shell "C:\Windows\Notepad.exe", 1
End Sub



このエントリーをはてなブックマークに追加