機能と数式 | VBA | セミナー | オンラインソフト | お問い合わせ | その他
Top > Excel > VBA > VBAの関数

CBool関数



構文
CBool(expression)
引数expressionには、任意の数式または文字列式を指定します。

解説
CBool関数は、引数を評価してブール型「真(True)/偽(False)」を返します。
引数に数式を指定した場合、数式の結果が0の時Flaseを、0以外の時Trueを返します。
引数に文字列式を指定した場合、文字列式の結果がTrueの時Trueを、Falseの時Falseを返します。文字列式の結果がTrue/False以外のときは実行時エラーになります。
また、文字列式の結果が数値になる時は、引数に数式を指定したのと同様に扱われます。

サンプル
次の例は、CBool関数に数値の「0」、数値の「2」、文字列の「False」、文字列の「100」を与えてブール型に変換します。

Sub Sample()
    Dim a As Integer, b As Integer
    Dim c As String, d As String
    a = 0: b = 2
    c = "False": d = "100"
    MsgBox CBool(a)     'Falseが返ります
    MsgBox CBool(b)     'Trueが返ります
    MsgBox CBool(c)     'Falseが返ります
    MsgBox CBool(d)     'Trueが返ります
End Sub



このエントリーをはてなブックマークに追加