機能と数式 | VBA | セミナー | オンラインソフト | お問い合わせ | その他
Top > Excel > VBA > VBAの関数

Abs関数



構文
Abs(number)
引数numberには、任意の数式を指定します。

解説
数値の絶対値を返します。
絶対値とは、数値から符号を取り除いた値です。たとえば、Abs(1)とAbs(-1)は、どちらも1を返します。
Abs関数が返す戻り値のデータ型は、引数に指定したデータと同じ型になります。

サンプル
次の例は「512」を表示します。

Sub Sample()
    Dim a, b
    a = 256
    b = -256
    MsgBox Abs(a) + Abs(b)
End Sub



このエントリーをはてなブックマークに追加