機能と数式 | VBA | セミナー | オンラインソフト | お問い合わせ | その他
Top > Excel > VBA > VBAの関数

GetAllSettings関数



構文
GetAllSettings(appname,section)
引数appnameには、SaveSettingステートメントで作成した項目名を指定します。
引数sectionには、データを取得するセクション名を指定します。

解説
GetAllSettings関数は、SaveSettingステートメントで保存したレジストリデータのうち、引数sectionで指定したセクション以下すべてのデータを配列形式で返します。
引数appnameと引数sectionのいずれかを指定しなかった場合には、GetAllSettings関数は初期化されていないバリアント型の値を返します。

サンプル
次の例は、SaveSettingステートメントでレジストリにデータを書き込み、GetAllSettings関数で取得します。
最初のMsgBoxでは「Key1の値はData1です」、次のMsgBoxでは「Key2の値はData2です」と表示されます。

Sub Sample()
    Dim myRegData As Variant
    SaveSetting "myApp", "Section1", "Key1", "Data1"
    SaveSetting "myApp", "Section1", "Key2", "Data2"
    SaveSetting "myApp", "Section2", "Key1", "Data3"
    myRegData = GetAllSettings("myApp", "Section1")
    MsgBox myRegData(0, 0) & "の値は" & myRegData(0, 1) & "です"
    MsgBox myRegData(1, 0) & "の値は" & myRegData(1, 1) & "です"
End Sub



このエントリーをはてなブックマークに追加