機能と数式 | VBA | セミナー | オンラインソフト | お問い合わせ | その他
Top > Excel > VBA > VBAの関数

Rnd関数



構文
Rnd[(num)]
引数numは省略可能です。シード値を単精度浮動小数点数型で指定します。

解説
0以上1未満の乱数を発生させます。
引数numに指定するシード値により、生成される乱数は次のように決まります。
numの値 戻り値
  < 0   常に、引数numのシード値によって決まる同じ数値を返します 
  > 0   乱数系列の次の乱数を返します 
  = 0   直前に生成した乱数を返します 
 省略   乱数系列の次の乱数を返します 

サンプル
次の例は、1から6の間の乱数を発生させて表示します。

Sub Sample()
    MsgBox Int((6 - 1 + 1) * Rnd + 1)
End Sub



このエントリーをはてなブックマークに追加