機能と数式 | VBA | セミナー | オンラインソフト | お問い合わせ | その他
Top > Excel > VBA > VBAの関数

Sgn関数



構文
Sgn(num)
引数numには、任意の数式または文字列式を指定します。

解説
引数numで指定した値の符号を返します。
numの値 戻り値
 number > 0   1 
 number = 0   0 
 number < 0   -1 

サンプル
次の例は、ユーザーが入力した数値の符号を表示します。

Sub Sample()
    Dim a As Variant
    a = InputBox("数値を入力してください")
    Select Case Sgn(a)
    Case 1
        MsgBox a & "は正の数です"
    Case 0
        MsgBox a & "は0です"
    Case -1
        MsgBox a & "は負の数です"
    End Select
End Sub



このエントリーをはてなブックマークに追加