機能と数式 | VBA | セミナー | オンラインソフト | お問い合わせ | その他
Top > Excel > VBA > VBAの関数

TypeName関数



構文
TypeName(varname)
引数varnameには、任意の変数を指定します。

解説
引数varnameで指定された変数に関する情報を返します。
引数varnameに配列を渡した場合、変数型の後ろに空の括弧()を付けて表示します。
ユーザー定義型を指定することはできません。

サンプル
次の例は、変数の情報を表示します。

Sub Sample()
    Dim str As String, obj As Object, var As Variant
    MsgBox TypeName(str)    'Stringを表示します
    MsgBox TypeName(obj)    'Nothingを表示します
    MsgBox TypeName(var)    'Emptyを表示します
    Set obj = CreateObject("Excel.Application")
    var = Null
    MsgBox TypeName(obj)    'Applicationを表示します
    MsgBox TypeName(var)    'Nullを表示します
    Set obj = Nothing
End Sub



このエントリーをはてなブックマークに追加