機能と数式 | VBA | セミナー | オンラインソフト | お問い合わせ | その他
Top > Excel > VBA > VBAの関数

DateAdd関数



構文
DateAdd(Interval,Num,Date)
引数Intervalには、追加する日付や時間の間隔を指定します。
引数Numには、Dateに対して増加させる日付や時間を指定します。
引数Dateには、Numを増加させる元になる日付や時間を指定します。

解説
DateAdd関数は、任意の日付や時間に特定の間隔を追加してその結果を返します。
引数Intervalに指定できる間隔は次のとおりです。

設定値 内容
 yyyy  年
 q  四半期
 m  月
 y  年間通算日
 d  日
 w  週日
 ww  週
 h  時
 n  分
 s  秒

DateAdd関数は無効な日付を返しません。たとえば次の例は"97/01/31"に1ヶ月を加えていますが、DateAdd関数が返すのは"97/02/28"であり"97/02/31"ではありません。

DateAdd("m", 1, "97/01/31")

サンプル
次の例は、現在の日付を起点にして「1日後」「1週間後」「1ヶ月後」を表示します。

Sub Sample()
    Dim tmp As String, CL As String
    CL = Chr(13) & Chr(10)
    tmp = "明日は" & DateAdd("d", 1, Date) & "です" & CL
    tmp = tmp & "1週間後は" & DateAdd("ww", 1, Date) & "です" & CL
    tmp = tmp & "1ヶ月後は" & DateAdd("m", 1, Date) & "です"
End Sub



このエントリーをはてなブックマークに追加