機能と数式 | VBA | セミナー | オンラインソフト | お問い合わせ | その他
Top > Excel > VBA > VBAの関数

DateDiff関数



構文
DateDiff(interval,date1,date2[,firstdayofweek][,firstweekofyear])
引数intervalには、date1とdate2の間隔を計算するための単位を指定します。
引数date1とdate2には、間隔を計算する2つの日付を指定します。
引数firstdayofweekは省略可能です。週の始まりの曜日を指定します。
引数firstweekofyearは省略可能です。年度の第1週を指定します。

解説
DateDiff関数は2つの日付の間隔を返します。
引数Intervalに指定できる間隔は次のとおりです。

設定値 内容
 yyyy  年
 q  四半期
 m  月
 y  年間通算日
 d  日
 w  週日
 ww  週
 h  時
 n  分
 s  秒

引数firstdayofweekに指定できる設定値は次のとおりです。

定数 内容
 vbUseSystem   0   各国語対応APIの設定値を使います 
 vbSunday   1   日曜(既定値) 
 vbMonday   2   月曜 
 vbTuesday   3   火曜 
 vbWednesday   4   水曜 
 vbThursday   5   木曜 
 vbFriday   6   金曜 
 vbSaturday   7   土曜 

引数firstweekofyearに設定できる設定値は次のとおりです。

定数  値  内容
 vbUseSystem   0   各国語対応APIの設定値を使います 
 vbFirstJan1   1   1 月 1 日を含む週を年度の第 1 週として扱います(既定値) 
 vbFirstFourDays   2   7 日のうち少なくとも 4 日が新年度に含まれる週を年度の第 1 週として扱います 
 vbFirstFullWeek   3   全体が新年度に含まれる最初の週を年度の第 1 週として扱います 

サンプル
次の例は、97年4月1日と97年6月27日の間を「月単位」「日単位」「週単位」で表します。

Sub Sample()
    Dim Date1 As Date, Date2 As Date
    Date1 = #4/1/97#        '97年4月1日
    Date2 = #6/27/97#       '97年6月27日
    MsgBox DateDiff("m", Date1, Date2)      '2ヶ月を返します
    MsgBox DateDiff("d", Date1, Date2)      '87日を返します
    MsgBox DateDiff("ww", Date1, Date2)     '12週を返します
End Sub



このエントリーをはてなブックマークに追加