機能と数式 | VBA | セミナー | オンラインソフト | お問い合わせ | その他
Top > Excel > VBA > VBAの関数

FormatDateTime関数



構文
FormatDateTime(Date[,NamedFormat])
引数Dateには、書式を変換する式を指定します。
引数NamedFormatは省略可能です。使用する日付/時刻形式を指定します。

解説
日付形式または時刻形式の文字列を返します。
引数NamedFormatには次の定数を指定できます。
定数  値  内容
 vbGeneralDate   0   日付か時刻、または両方を表示します 
 vbLongDate   1   [地域のプロパティ]ダイアログボックスで指定されている長い形式で日付を表示します 
 vbShortDate   2   [地域のプロパティ]ダイアログボックスで指定されている短い形式で日付を表示します 
 vbLongTime   3   [地域のプロパティ]ダイアログボックスで指定されている形式で時刻を表示します 
 vbShortTime   4   24時間形式で時刻を表示します 

サンプル
次の例は、現在の日付と時刻を表示します。

Sub Sample()
    Dim msg As String
    msg = FormatDateTime(Now, vbLongDate) & vbCrLf
    msg = msg & FormatDateTime(Now, vbShortTime)
    MsgBox msg
End Sub



このエントリーをはてなブックマークに追加