機能と数式 | VBA | セミナー | オンラインソフト | お問い合わせ | その他
Top > Excel > VBA > VBAの関数

GetAttr関数



構文
GetAttr(pathname)
引数pathnameには、属性を取得するファイルを示す文字列式を指定します。

解説
ファイルまたはフォルダの属性を示す値を整数型で返します。
GetAttr関数が返す値は次のとおりです。
定数  値  内容
 vbNormal   0   通常ファイル 
 vbReadOnly   1   読み取り専用ファイル 
 vbHidden   2   隠しファイル 
 vbSystem   4   システムファイル 
 vbDirectory   16   フォルダ 
 vbArchive   32   アーカイブ 

指定したファイルの属性が「隠しファイル」で、かつ「システムファイル」だった場合、GetAttr関数は6(2+4)を返します。

サンプル
次の例は、指定されたファイルが通常ファイルかどうかを判定します。

Sub Sample()
    Dim myFileName As String, myAttr As String
    myFileName = InputBox("ファイルを指定してください")
    If myFileName = "" Then Exit Sub
    If Dir(myFileName) = "" Then
        MsgBox myFileName & "が見つかりません"
        Exit Sub
    Else
        If GetAttr(myFileName) = vbNormal Then
            MsgBox myFileName & "は通常ファイルです"
        Else
            MsgBox myFileName & "は通常ファイルではありません"
        End If
    End If
End Sub



このエントリーをはてなブックマークに追加