機能と数式 | VBA | セミナー | オンラインソフト | お問い合わせ | その他
Top > Excel > VBA > VBAの関数

Choose関数



構文
Choose(index, choice-1,…,choice-n)
indexには、1から選択可能な範囲の数値を指定します。選択可能な範囲とは、choice-1からchoice-nまでのリスト数です。
第2引数以降は、indexで選択されるリストを指定します。

解説
第2引数以降に指定したリストからindexで指定した項目を返します。
indexに整数以外の数値を指定した場合、整数を超えない範囲で整数に丸められます。
indexに1未満の数値やリストの項目数より大きい数値を指定するとエラーになります。

サンプル
次の例は、変数nで指定したリスト項目を返します。

Sub Sample()
    Dim n As Variant
    n = 2
    MsgBox Choose(n, "Tokyo", "Osaka", "Nogoya")    'Osakaを返します
    n = 1.9
    MsgBox Choose(n, "Tokyo", "Osaka", "Nogoya")    'Tokyoを返します
    n = 4
    MsgBox Choose(n, "Tokyo", "Osaka", "Nogoya")    'エラーになります
End Sub

※Tips
Choose関数では、第2引数以降に指定したすべてのリスト行目を実行時に評価します。次の例では、2番目のリスト項目で「0で除算」を行っていますので、indexで他の項目を指定してもChoose関数はエラーが発生します。

MsgBox Choose(1, 100 + 0, 100 / 0, 100 * 0)



このエントリーをはてなブックマークに追加