機能と数式 | VBA | セミナー | オンラインソフト | お問い合わせ | その他
Top > Excel > Excel 2007レビュー

Excel 2007レビュー



Excel 2007は大きく変化しました。仕様も、操作性も、今までのExcelとは大きく異なっています。新しい機能や仕様変更は、どれも評価できる便利な革新ですが、いったいどこがどう変わったのでしょう。今まで私たちが慣れ親しんだ操作は通用するのでしょうか。現在業務で使用しているマクロはトラブルなく機能するのでしょうか。

ここでは、新しいExcel 2007のレビューを紹介します。なお、記事を書いた当初はベータ版で動作確認していましたので、現在の製品版とは画面や機能が異なっているかもしれません。



テーブル機能と重複データの削除 [NEW]

これもVBAの話です。ワークシートの表をテーブルにします。このデータに対して重複データの削除を実行し、それをマクロ記録します。ここでは、1件目と3件目の"田中"データが重複していますので3件目の"田中"データが削除され ・・・>>more...

「コメントだけ」は削除されます [NEW]

VBAの話です。オブジェクトモジュールに、宣言とコメントしか記述されていない場合、ブックを保存すると削除されてしまいます。これを保存するとこうなっちゃいます。標準モジュールなら大丈夫です。削除されません ・・・>>more...

保存できなくなったファイル形式 [NEW]

Excel 2007からは「97-2003 および 5.0/95 ブック形式」で保存できなくなりました。手動での保存は、もちろんできませんし、マクロを使って…みたいなのもアウトです。Excel 2003で作成した「97-2003 および 5.0/95 ブック形式」を ・・・>>more...

ピボットテーブルを更新するショートカットキー

Excel 2007でピボットテーブルを作成します。ピボットテーブルは便利な機能ですが、元のデータが変更されたとき、自動的にピボットテーブルは更新されません。ピボットテーブルを更新するには、Excel 2003までなら[ピボットテーブル] ・・・>>more...

形式を選択して貼り付けのショートカットキー

まず、Excel 2003の動作です。B列には数式が入力されています。数式が入力されているセルをコピーして、任意のセルに貼り付けます。もちろん、こうなります。数式が入力されているセルをコピーすると、数式で参照しているセルの ・・・>>more...

埋め込みグラフを作成するショートカットキー

Excel 2007では便利なショートカットキーが追加されています。たとえば「超便利なショートカットキー」で紹介した、印刷プレビューのCtrl+[F2]や、オートフィルタを設定するCtrl+Shift+Lなどは便利ですね。ほかにも、気づきにくい ・・・>>more...

Closeメソッドの変なエラー

Windowsの設定で「登録されている種類のファイルも拡張子を表示する」的なオプションがオンになっているとき、WorkbooksコレクションのCloseメソッドでブックを閉じる場合は、拡張子まで指定しないとエラーになります。たとえば ・・・>>more...

255文字超の文字列をリンクできる

たとえば、セルに255文字を越える長い文章が入力されていたとします。このデータを、別のブックからリンクします。両方のブックが、Excel上で開かれているときは、リンクを更新すると、元のデータがすべて表示されます。しかし、リンク ・・・>>more...

互換モードを判定するプロパティ

本レビューで紹介しているように、Excel 2007は数え切れないくらいの改良や新機能が加えられています。しかし、こうしたExcel 2007の新機能を使うには、Excel 2007形式のブックでないといけません。Excel 2003までの形式で保存された ・・・>>more...

ハイパーリンクの地味な改良

Excel 2007では、セルに挿入するハイパーリンクが地味に改良されています。まずは、Excel 2003の画面をご覧ください。セルB2にハイパーリンクを挿入しています。ハイパーリンクが挿入されたセルは、セル内に表示されている文字列に ・・・>>more...

超便利なショートカットキー

「印刷プレビューのショートカットキー」で紹介したように、Excel 2007からは印刷プレビューを表示するショートカットキーが追加されました。Ctrl+[F2]キーです。慣れないので、指が覚えるまでは時間がかかりますが、間違いなく ・・・>>more...

奥が深いテーブル機能

Excel 2003には、ワークシート上のセル範囲を特別な領域として認識して、自動的にオートフィルタを設定したり、小計行を追加できる「リスト」機能がありました。決して認知度が高くなかったこの「リスト」機能は、Excel 2007で ・・・>>more...

マクロが無効になったメッセージ

Excel 2007のセキュリティセンター(後述)で、マクロの設定を「警告を表示してすべてのマクロを無効にする」に、設定していた場合、マクロ有効ブックを開くと、マクロが無効になったと表示されます。マクロが無効になったという ・・・>>more...

別シートを参照する条件式

入力規則のリストを使って、セルにリストを設定するとします。Excel 2003まででは、リストに表示する元のデータが別のシートに入力されている場合、別シートのアドレスを直接指定できませんでした。試しにやってみましょう ・・・>>more...

セルに合わせて移動やサイズ変更する?

まずはExcel 2003での動作から。下図のように、ワークシート上にオブジェクトを配置します。上から、オートシェイプ、[フォーム]ツールバーのボタン、埋め込みグラフです。それぞれのオブジェクトが"乗っている"セルをコピーして ・・・>>more...

進化したピボットテーブル

Excel 2007の特徴といえば、作業領域が拡大したワークシートや、よりグラフィカルな表示が可能になった条件付き書式などが、よく話題になります。しかし、実はピボットテーブルも大きく進化した機能のひとつです ・・・>>more...

マルチインストールしてみた

同じパソコンに、Excel 95/97/2000/2002/2003/2007 を入れてみました。いわゆるマルチインストールです。OSはWindows XP(Home)で、ごく普通のメーカー製パソコン。ちなみに、CPUはCeleronの3GHz、搭載メモリは512MBです ・・・>>more...

旧バージョンで新形式ファイルを開く

Excel 2007で作成するファイルは、標準でXML形式になりました。従来のXLSファイル(BIFF形式)に比べて、大きく変わったわけです。まぁ、この手の話はよくあることです。そして、こういう場合、往々にして「旧形式ファイルを ・・・>>more...

データバーの長さを変更する方法

前のコンテンツ「空のセルにデータバーを表示する方法」で、条件付き書式を設定してみました。3人の点数がデータバーで視覚化されているのですが、よく見ると鈴木さんの75点って評価低すぎませんか?75点なら立派なものです ・・・>>more...

空のセルにデータバーを表示する方法

なんか、ここんとこExcel 2007の不具合ばっかり書いていますので、ここらで便利な使い方やTipsをご紹介します。この前TechEdに行ったとき、某MVPさんから質問されました。上図のように条件付き書式のバーだけを表示するには ・・・>>more...

グラフ入りシートをコピーしたときの不具合

Excel 2007でグラフを作っていて発見しました。Excel 2003では問題ないので、おそらくバグでしょうね。たとえば、Book1のSheet1にグラフを作ったとします。そのSheet1を別のBook2にコピー/移動します。両方のブックを表示して ・・・>>more...

Shiftキーで直線が引けない不具合

もうひとつバグを紹介します。ワークシート上にオートシェイプの直線を挿入するとき、Shiftキーを押しながらドラッグすると、水平や垂直な直線を簡単に引けます。まずExcel 2003までの実行結果をご覧ください。 ・・・>>more...

かけ算の結果がおかしい不具合

ここのところExcel 2007のバグ報告が多いですね。これはネットのニュースでも取り上げられた有名なバグです。再現方法も簡単。単純なかけ算の結果を間違えるというものです。正しく計算されないのは、かけ算の結果が ・・・>>more...

並べ替えの不具合

Excel Worldで教えてもらいました。並べ替えを行うとき、最優先されるキーを「ふりがなを使う」で並べ替え、さらに2番目に優先するキーも「ふりがなを使う」を指定したとき、2番目に優先されるキーが「文字コード順 ・・・>>more...

ユーザー定義書式の不具合

Excelは、ユーザー定義書式で文字の色を変えられます。たとえば、セルの数値が「10より大きい」とき文字色を「赤」にするときは「[赤][>10]G/標準」のようなユーザー定義書式を設定します ・・・>>more...

互換性のチェック機能

たとえば、Excel 2007で追加された新機能を使ったとします。そのブックをExcel 2003形式で保存したらどうなるでしょう。当然、新機能の部分は保存されませんし、再度そのブックを開いたときは数式などがエラーに ・・・>>more...

読み取りパスワードはどこ?

Excelにはいくつかのパスワード機能があります。その中で利用する機会が多いのは「読み取りパスワード」と「書き込みパスワード」でしょう。「読み取りパスワード」を設定したブックは、正しいパスワードを入力しないと ・・・>>more...

ファイルサイズは小さくなるのか?

Microsoftの公式サイトでは、新しいExcel 2007で採用されたファイル形式(xlsx)は、従来のファイル形式(xls)に比べてファイルサイズが小さくなると書かれています。■Microsoft Office Excel 2007 の 10 個の主な利点 ・・・>>more...

複数シートからのピボットテーブル

Excel 2007でピボットテーブルを作るには、リボンの[挿入]タブを開いて左端の[ピボットテーブル]ボタンをクリックします。実行すると下のようなダイアログボックスが表示されます。これはウィザードではありませんので ・・・>>more...

Excelが強制終了するバグ

私が主催しているSNS「Excel World」で教えてもらいました。実行するとExcel 2007が強制終了しますので、実際に試してみるときはご注意ください。まずSheet1にオートフィルタを設定します。次に別のシート(ここでは ・・・>>more...

役目を終えた関数ポップアップ

Excel 2007には「数式オートコンプリート」という機能が追加されました。これは非常に便利です。ついでに[関数の挿入]機能を削除してくれたら、Excelの数式で悩む人が今よりはるかに減るのですが、残念ながらこちらは残ったまま ・・・>>more...

やっぱり消えない?

「セルと一緒に消えます」で書きましたが、Excel 2007では、シェイプを配置した下のセルを削除すると、上のシェイプも一緒に削除されるようになりました。これは便利!と喜んでいたのですが、消えないケースもあるようです ・・・>>more...

重複データの削除(もう少し詳しく)

Excel 2007には重複データを削除する機能が、標準機能として追加されました。おそらく、こうしたニーズが世界中で高かったのでしょうね。どんな機能かは、以前にレビューした下記のページをごらんください。さて、この ・・・>>more...

分析ツールの関数が標準で使える

今までのExcelにはワークシート関数が二種類ありました。ひとつは、いつでも使える標準のワークシート関数。数値の合計を返すSUM関数や、条件分岐にかかせないIF関数などお馴染みの関数群です。もうひとつは ・・・>>more...

配列数式での列指定が可能

配列数式を使わない人には関係ない話ですが。今までのExcelでは、配列数式の参照セルに列全体を指定できませんでした。まず普通の配列数式。Excel 2003です。セルE2には{=SUM(IF(A1:A8=$D$2,B1:B8,0))}という ・・・>>more...

オートフィルタのバグ

某掲示板で教えてもらいました。ここでは、下図のようなリストを例にします。まず正常な動作から。1.アクティブセルをA1に置いてオートフィルタを設定します。このアクティブセルの位置は重要なポイントです ・・・>>more...

複数ブックごとExcelを終了させる方法

「やっと見つけた!Excelの終了ボタン」に書いた複数ブックを開いている状態Excel自体を終了させる方法ですが、もうひとつ発見したので書いておきます。やり方は簡単です ・・・>>more...

ヘルプの間違い(1)

なんだか"アラ探し"をしているようですが、ヘルプを見ていて間違いに気づきました。これらは、たまたま発見しただけですから、きっと他にも多くの間違いが記述されていると思います。おそらく、Excel 2003のヘルプを ・・・>>more...

テーブルの行列を入れ替える

テーブルのネタをもうひとつ。テーブル書式に設定した範囲を、行列を入れ替えてコピーしてみましょう。テーブルを選択してコピーし、[貼り付け]ボタンの▼をクリックします。ところが、お目当ての[行列を入れ替える]が ・・・>>more...

テーブルの左上セルを空欄にしたい

Excel 2007には強力なテーブル機能が搭載されました。今までのリスト機能は、お世辞にも便利とは言えず、とても積極的に活用しようとは思えませんでした。ところが、Excel 2007のテーブル機能は名前が変わっただけでなく ・・・>>more...

Cells.Countがオーバーフロー

マクロでCells.Countを取得しようとするとオーバーフローします。これは、ベータ版で発見して報告したバグですが、製品版でも直っていないようです。残念。たとえば、次のコードはエラーになります。オーバーフローしている ・・・>>more...

図のリンク貼り付け

Excelには図のリンク貼り付けという機能があります。任意のセル範囲をコピーして、別の場所に図として貼り付ける機能です。貼り付けられるのはただの図ではなく、元のセル範囲にリンクされた図です。コピー元のデータを ・・・>>more...

印刷プレビューのショートカットキー

旧バージョンのExcelでは、[F10]キーを押すとメニューバーがアクティブになりました。では、メニューバーがなくなったExcel 2007では何が起きるのでしょう。実際にやってみました。実行すると、リボンのキーヒントが表示 ・・・>>more...

変な日本語(1)

Excelはアメリカ生まれです。まず英語版が作成されて、それを日本語版にローカライズします。ローカライズは、プログラム内の表記をただ日本語に翻訳するだけでなく、日本語フォントが正常に表示されるかとか、日本語版 ・・・>>more...

やっと見つけた!Excelの終了ボタン

「中途半端なMDI」で書いたように、Excel 2007は中途半端なMDIになっています。複数のブックを開いている状態で、Excelの閉じるボタンをクリックしても、Excelが終了するわけではなく、アクティブなブックが閉じられるだけ ・・・>>more...

AutoFilterメソッドの絞り込み

「日付のグループ化」でも書きましたが、Excel 2007ではオートフィルタに新機能がいくつか追加されています。そのひとつが"日付フィルタ"です。「今月」や「先週」などを選択するだけで、指定した日付による絞り込みが ・・・>>more...

日付のグループ化

オートフィルタの新機能です。まだ書いていませんでしたよね(^^;下図のような日付データが入力されていたとします。オートフィルタを設定して▼ボタンをクリックすると、次のように日付がグループ化されています ・・・>>more...

自動サイズ調整は縦方向だけ

微妙な点ですが変わりました。まずExcel 2003の動作をご覧ください。1.任意の位置にテキストボックスを配置して文字列を入力します2.[テキストボックスの書式設定]-[配置]タブを開いて[自動サイズ調整]をオンにします ・・・>>more...

ベンチマーク(2)

Excel 2003とExcel 2007で、並べ替えの速度を比較してみました。セル範囲A1:A60000にランダムな数値を入力し、この範囲を並べ替えます。並べ替えのコードは、マクロ記録で生成されたコードを使いました。まず、Excel 2003の ・・・>>more...

残念なRecentFileオブジェクト

Excel 2007では、ファイルを開いた履歴である「最近使用したドキュメント」に新機能が追加されました。[ファイル]メニューを開くと右に表示されるファイル履歴は、上図のようにピンのアイコンが追加されました ・・・>>more...

ステータスバーの消し方

Excel 2003は[オプション]ダイアログボックスの[表示]タブで、Excelのパーツごとに表示/非表示を設定できました。Excel 2007でも[オプション]ダイアログボックスで、パーツの表示/非表示を設定できるのですが ・・・>>more...

グラフのオプション

グラフのネタをもうひとつ。Excelの[設定]ダイアログボックスには[グラフ]というタブがありました。そこでは、折れ線グラフで空白データをどのようにプロットするかとか、非表示になっているセルをプロットするかどうか ・・・>>more...

削除された機能「グラフ編」

グラフからは次の機能が削除されました。もっとも、グラフはUIが大幅に変更された機能のひとつです。もしかしたら、まだ私が発見できないだけかもしれません。もし実現する操作(マクロを除く)がわかったら、 ・・・>>more...

かわいそうなコメント

グラフィック関係などが大幅に機能強化されたExcel 2007ですが、どうやらコメントは仲間はずれにされたようです。たとえば、コメント内の一部分だけ文字の色を変更するとき、Excel 2003では次のように操作しました ・・・>>more...

循環参照の見つけ方とバグ

複数のセルがお互いを参照しあう状態を循環参照と呼びます。Excel 2003では、誤って循環参照を作ってしまった場合[循環参照]ツールバーが表示されました。[循環参照]ツールバーでは、現在循環参照しているセルが ・・・>>more...

セルと一緒に消えます

Excel 2007では、オートシェイプなどのオブジェクトがSmartArtに一新されました。この新しい描画エンジンはかなりの優れモノで、開発当初から「今度のシェイプはすごいよ!」という声を何度となく開発チームから ・・・>>more...

位置のみ表示はできません

Excelのオプションには、ワークシート上に挿入したオブジェクトを隠すための設定がありました。標準では[すべて表示]がオンになっています。[位置だけ表示]を選択すると、埋め込みグラフの内部が塗りつぶされて「そこに ・・・>>more...

細かすぎて伝わらない変更点

この変更点に気づくユーザーが、はたして何人いるでしょう?いや、そもそも、この変更点を喜ぶユーザーがいるのでしょうか?そんな、普通ではまったく気づかない変更点をご紹介します。Excelには「Lotus 1-2-3形式の ・・・>>more...

リボンの中で最も利用されないボタン

リボンにはたくさんのボタンが配置されています。何しろExcel 2007にはツールバーがなくなってしまったのです。今までツールバーに用意されていた機能は、すべてリボンから実行できるようにしておかなければなりません ・・・>>more...

名前ボックスの拡張

地味ですが、便利な拡張です。セルA1の真上にある名前ボックスは、通常はアクティブセルのアドレスなどが表示されていますが、ここに任意のアドアレスを入力することで、アクティブセルを移動できます。ちなみに ・・・>>more...

ベンチマーク(1)

おそらく多くのユーザーが興味を持っているテーマだと思いますが、Webや雑誌などではあまり詳細に検証されるケースは少ないと感じます。今回は「新しいExcel 2007って、速度的にどーよ?」について書きます ・・・>>more...

QATにマクロを登録する

Excel 2007で何かマクロを自作したとき、そのマクロをどうやって実行したらいいのでしょう。今までは、次のような方法が一般的でした。1.ワークシート上にボタンを挿入する 2.メニューに独自のコマンドを挿入する ・・・>>more...

PDF形式で保存できる

動作のテストや仕様確認などを目的にした開発途中のバージョンをベータ版といいます。Excel 2007のベータ版は2006年5月24日に一般公開されました。このバージョンは「ベータ2」と呼ばれるもので、この前に「ベータ1」が ・・・>>more...

オブジェクトの選択と表示

Excel 2007ではオートシェイプが一新されました。形やデザインはそれほど変わっていませんが、描画するためのグラフィックエンジンが新しくなりました。ワークシート上に配置したオートシェイプは ・・・>>more...

さよなら、冴子先生

オフィスアシスタントは、Office 97で追加された斬新なヘルプシステムで、自然な日本語で質問すれば適切なヘルプを検索して表示してくれるという画期的な機能でした。堅苦しいヘルプの深海をさまようこともなく「罫線を ・・・>>more...

リボンの失敗

Office 2007ではメニューシステムが大きく変わり、従来のメニューバーとツールバーというUIに代わってリボンというUIが採用されました。なぜリボンという仕組みを採用したのか、リボンとはどんな機能なのかは別の解説 ・・・>>more...

ウィンドウ枠の固定

ワークシートをスクロールすると、1行目や1列目のタイトルが見えなくなってしまいます。それでは不便なので、任意の行や列がスクロールしないように固定する機能がExcelにはあります。それがウィンドウ枠の固定です ・・・>>more...

オートフィルタに表示される件数

オートフィルタはリストを手軽に絞り込める便利な機能です。上図のように、オートフィルタの▼をクリックして表示されるドロップダウンリストには重複しないデータが表示されます。実はオートフィルタの ・・・>>more...

この情報は役に立ちましたか?

Excel 2007では、こう質問されることが多いです。[データ]-[データツール]-[文字列を表にする]ボタンは、セル内に入力されている文字列を、一定の長さや、特定の記号などで分割して、複数のセルに入力する機能です ・・・>>more...

数式のネストレベルが拡大

数式で、関数の中に関数を入れることをネストまたは入れ子と呼びます。たとえば次のような使い方です。上の数式はIF関数の中に他の関数が入っていません。ネストしていない数式です。対して下の数式は、IF関数の中で ・・・>>more...

機能が拡張されたテキストボックス(2)

テキストボックスの[段落]機能のうち[インデントと行間隔]タブの設定を紹介します。といっても、これは見ていただければ一目瞭然なので、何はともあれ画像をご覧ください。下図は、一番上のテキストボックスが、何も ・・・>>more...

機能が拡張されたテキストボックス(1)

新しいテキストボックスの表現力(書式設定)を紹介しました。実は新しいテキストボックスには、新しい書式設定だけでなく、新しい機能も追加されています。今回はその中で「段落の体裁」機能を紹介します。テキストボックスで ・・・>>more...

新しいヘルプシステム

Excel 2007に限りませんが、Office 2007では新しいヘルプシステムが採用されています。[F1]キーを押したり、ウィンドウ右上にある[?]ボタンをクリックするとヘルプが起動します。現在はBeta版なので、目次などが ・・・>>more...

種類が増えた「セルのスタイル」

セルのスタイル機能ってご存知でしたか?Excel 5.0から実装されている古い機能なのですが、なぜか認知度はイマイチでした。スタイルは、フォントの種類や文字色、表示形式や配置などの書式をセットにして登録しておき ・・・>>more...

Excel全体の配色

"一発芸"的で"非実用"的なネタです。Excel 2007では全体の配色を3種類から選択できるようになりました。[Officeボタン]-[Excelのオプション]-[個人設定]-[配色]です。どうでもいいですけど、どうして「銀色」だけ"色"が ・・・>>more...

「元に戻す」がクリアされなくなった

細かい点ですが、個人的にはけっこう嬉しい機能拡張です。今までのExcelでは、ブックを保存すると「元に戻すの情報がクリア」されてました。この仕様はあまり知られていないので、ときおりQ&Aなどでも「戻せるときと ・・・>>more...

新しいヘッダー/フッター機能

今までのExcelでは、通常のワークシート表示のほかに「改ページプレビュー」という表示モードがありました。Excel 2007では、さらに「ページレイアウト表示」というモードが追加されました。ワークシートの表示モードを ・・・>>more...

マクロはどう変わったのか

マクロユーザーにとってExcel 2007の関心といえば、新しいUIのリボンでも、設定数が無制限になった条件付き書式でも、カラフルになったグラフ機能でもなく、既存のマクロは動くのか?という一点でしょう。結論から言うと ・・・>>more...

条件付き書式(3)

前回と前々回で紹介した条件付き書式の機能は、どちらも簡単にルールを作成するための"用意された"メニューです。今までのように自分でルールを作れば、用意されたものより柔軟な条件付き書式を設定することが可能です ・・・>>more...

条件付き書式(2)

新しい条件付き書式は、大きく分けて3つのポイントがあります。1.「データバー」など新機能の追加 2.「条件数の増加」など仕様の拡大 3.操作性の改良 今回は「3.操作性の改良」に注目します。従来の条件付き書式は ・・・>>more...

条件付き書式(1)

Excel 2007の条件付き書式は、多くの点が改良されました。今回はその中で「データバー」「カラースケール」「アイコンセット」を紹介します。「データバー」「カラースケール」「アイコンセット」は、任意のセル範囲で ・・・>>more...

テキストボックスで段組

テキストボックスが大きく進化しました。百聞は一見にしかず。画像を見てもらうのが一番でしょう。いえ、決して手抜きではありません(^^;あらかじめ登録されているテーマを選択するだけで、見栄えの良いテキストボックス ・・・>>more...

セルの右クリックメニュー

セルを右クリックしたときに表示されるコンテキストメニューが少し変わりました。個人的には便利になったと感じています。変更点は次の通りです。Excel 2003から削除されたのは「ウォッチ式の追加」「リストの作成」 ・・・>>more...

オートフィルタの新機能

オートフィルタは、大きく変化した機能のひとつです。いくつかの注目すべき改良が行われていますので、順に解説しましょう。ここでは下図のリストを例にします。A列にはユニークな文字列が入力されています ・・・>>more...

中途半端なMDI

今までのExcelは、Excel本体上に複数のブックを開き、それらをウィンドウとして管理してきました。こうしたプログラムの形式をMDI(Multiple Document Interface)と呼びます。対して、プログラムでは1つのデータファイル ・・・>>more...

スーパーツールチップ

今までのExcelでは、ツールバーのボタンにマウスポインタを合わせると、[印刷]のようにボタンの機能がポップアップされました。これをツールチップ機能と呼びます。Excel 2007では、このツールチップが進化して ・・・>>more...

署名の挿入

ブックに署名を追加できるようになりました。署名を追加したブックは読み取り専用となり編集はできなくなります。シートの挿入や削除も禁止され、ブックを保護したような状態になります。印刷はできますが、もちろん署名も ・・・>>more...

条件付き書式で表示形式

Excel 2007の新しい条件付き書式は、ブログなどでも公開されていますし、そのうちパソコン誌などでも特集を組むでしょう。詳細な情報はそれらを見てもらうとして・・・新しい条件付き書式で個人的に喜んだ新機能が ・・・>>more...

少し賢くなった名前の管理

名前の機能自体に変化はありません。しかし、名前を管理するUIが少しだけ賢くなりました。名前を定義するには、従来のように名前ボックスを使うほか、[数式]タブの[名前付きセル]グループの[名前の管理]をクリックします ・・・>>more...

スクロールの一時停止

画面に表示しきれない大きさのセル範囲にデータが入力されていたとします。たとえばセル範囲A1:A1000としましょう。このセル範囲をマウスのドラッグ操作で選択するとき、アクティブセルをセルA1に移動して、セルA1から ・・・>>more...

重複データの削除

これもQ&A掲示板では定番の質問ですが、重複したデータを自動的に削除する機能が追加されました。たとえば次のようなリストの場合[データ]タブの[重複の削除]を実行すると、次のような[重複の削除]ダイアログボックスが ・・・>>more...

途中でキャンセルできます(2)

ワークシートが大きくなったということは、たとえば列全体に書式を設定するような場合、処理の対象となるセルの数が膨大に増えたということになります。うっかり巨大なセル範囲に対して何かの処理を実行してしまったとき ・・・>>more...

色による並べ替え

Q&Aでも定番中の定番ですね。「セルの塗りつぶし色や、フォントの色で並べ替えをするにはどうしたらいいですか?」新しいExcel 2007でしたら、普通にできます。ここでは、次のようなリストを例にします。A列の各セルには ・・・>>more...

拡張されたオートカルク

オートカルク機能ってご存じですか?紹介すると、予想外の方々から喜ばれますので、意外と認知されていない機能なのかもしれません。さらに、この機能の名称がオートカルクということも、あまり知られていません ・・・>>more...

ミニツールバー

セルを右クリックすると、コンテキストメニューの上に「ミニバー」が表示されます。ミニバーには、セルの表示形式や罫線、配置、文字の色など、よく使うであろうボタンが配置されています。セルに入力されているデータの ・・・>>more...

新しいワークシート関数

Excel 2007で追加されるワークシート関数は次の通りです。CUBE〜というのは、SQL Serverからデータを抽出して、ピボットテーブルを作成するときなどに使用する「キューブ」を操作するための関数です。一般的にはあまり ・・・>>more...

プロパティが変わった

ブックのプロパティには、タイトルや作成者などを登録できました。従来のExcelでは、プロパティを設定するとき、[ブックのプロパティ]ダイアログボックスを表示しました。Excel 2007では、プロパティはワークシートの ・・・>>more...

拡張された数式バー

たとえば下図のような非常に長い数式を入力したとします。こんなとき、従来のExcelでは、数式バーの高さがただ広がるで、時にはジャマなケースもありましたが、Excel 2007では、数式バーの高さを自由に変更できるように ・・・>>more...

途中でキャンセルできます(1)

初めてアルファ版を触ったとき、個人的に喜んだ機能がこれです。大きいブックを開いたときなど、開き終わるまでに時間がかかりますよね。そんなときは、[Esc]キーを押すことで開くのをキャンセルできるようになりました ・・・>>more...

便利になったファイル履歴

従来のExcelでは、[ファイル]メニューを開くと、過去に編集したファイルの履歴が表示されていました。新しいExcel 2007にも同じ機能があるのですが、少しだけ便利になっています。ファイル名の右端にピンのアイコンが ・・・>>more...

ワークシートの挿入タブ

最下行に並ぶ[Sheet1][Sheet2]などのシート見出し。このシート見出しの右端に[ワークシートの挿入]タブが追加されました。クリックするとワークシートの末尾に新しいワークシートが挿入されます。今までのExcelでは ・・・>>more...

新しいファイル形式

Excel 2007の標準ファイル形式は、従来の「xls」から「xlsx」に変わりました。この「xlsx」の実体は圧縮されたZIP形式ファイルで、中にはブックの情報がXML形式で保存されています。たとえば「Book1.xlsx」を保存したとき ・・・>>more...

ズーム用のスライドバー

他のブログなどでも公開されていますが、ワークシートの右下にズーム(ワークシートの表示倍率)を変更できるスライドバーが追加されました。両端の[-]ボタンや[+]ボタンをクリックするか、真ん中のスライドボタンをドラッグ ・・・>>more...

数式オートコンプリート

関数を入力するときの支援機能です。これは便利!Excel 2007新機能の中でも、一番のオススメ機能です。セルにRANK関数を入力する場合、「=R」まで入力すると、「R」で始まる関数がリストに表示されます。さらに「=RA」まで ・・・>>more...

ワークシートの大きさが拡大

ワークシートの大きさがXFD列×1048576行に拡大されました。ちなみに、XFD列は16384列です。ここまで広くして、何をさせようというのでしょうね。確かに、日報などをワークシートで管理するとき、今までの256列(IV列)では ・・・>>more...



このエントリーをはてなブックマークに追加