機能と数式 | VBA | セミナー | オンラインソフト | お問い合わせ | その他
Top > Excel > Excel 2007レビュー

オートフィルタに表示される件数



オートフィルタはリストを手軽に絞り込める便利な機能です。



上図のように、オートフィルタの▼をクリックして表示されるドロップダウンリストには重複しないデータが表示されます。実はオートフィルタのドロップダウンリストに表示される"重複しないデータ"は数に制限があります。次のような実験をしてみました。A列に「A00001」から「A10000」までの連続データを作ります。全部で10,000個のデータです。ここにオートフィルタを設定するとどうなるでしょう。結果は次の通りです。



オートフィルタのドロップダウンリストを一番下までスクロールしても「A01000」までしか表示されません。オートフィルタでは1,000個しかドロップダウンリストに表示されないんです。もちろん、これはExcelの仕様です。ちゃんとヘルプにも記載されています。ちなみに、1,000個というのはExcel 97からの仕様で、その前のExcel 95では250個しかリストアップされませんでした。



この仕様がExcel 2007では変わりました。何と10倍に拡張されて、10,000個までドロップダウンに表示されます。



オートフィルタはデータを絞り込む機能です。絞り込むということは、ユニークなデータだけをドロップダウンリストに表示できればいいわけです。一般的なリストでは、ユニークなデータが10,000個程度だろうという判断なのでしょうね。



このエントリーをはてなブックマークに追加