機能と数式 | VBA | セミナー | オンラインソフト | お問い合わせ | その他
Top > Excel > Excel 2007レビュー

互換性のチェック機能



たとえば、Excel 2007で追加された新機能を使ったとします。そのブックをExcel 2003形式で保存したらどうなるでしょう。当然、新機能の部分は保存されませんし、再度そのブックを開いたときは数式などがエラーになっているかもしれません。それは、当たり前のことですし、今までのExcelでも、そうしたミスを事前に注意してくれる機能はありました。たとえば下のようなダイアログボックスが表示されます。

クリックすると拡大します。拡大画像はクリックすると消えます

ところが、これではどこに問題があるのかがわかりません。「危険ですよ」と警告してくれても、何が危険なのかがわかりません。何とも不親切な仕様です。新しいExcel 2007でも同じような警告機能が搭載されるということで、以前Microsoftの偉い人に提言したことがあります。ちゃんと、どこに問題があるかを指摘してくれと。今の技術なら十分可能なはずだと。そしたら製品版では少しだけ親切な機能が追加されました。もちろん、私の意見だけで仕様が変更になったなどとは思いませんが、それでも嬉しい変化には違いありません。

ブックを古い形式で保存したとき、問題があるかどうかをチェックするにはOfficeボタンをクリックして表示される[ファイル]メニューから、[最終処理]-[互換性チェックの実行]をクリックします。

クリックすると拡大します。拡大画像はクリックすると消えます

実行するとブック内を検査して、古い形式で保存した場合に問題がある個所をリストアップしてくれます。



ダイアログボックス内の[検査]というリンクをクリックすると、ダイアログボックスを閉じて、アクティブセルが該当するにジャンプします。これは便利です。また、[新しいシートにコピー]ボタンをクリックすると、検査の結果を新しいワークシートに転記してくれます。

クリックすると拡大します。拡大画像はクリックすると消えます

それでも、そうした警告を無視して旧形式で保存を実行しようとすると、最後に念押しの確認が表示されます。ここにも問題個所の理由が表記されますので、本当に無視するかどうかの判断ができます。

クリックすると拡大します。拡大画像はクリックすると消えます



このエントリーをはてなブックマークに追加