機能と数式 | VBA | セミナー | オンラインソフト | お問い合わせ | その他
Top > Excel > Excel 2007レビュー

別シートを参照する条件式



入力規則のリストを使って、セルにリストを設定するとします。
Excel 2003まででは、リストに表示する元のデータが別のシートに入力されている場合、別シートのアドレスを直接指定できませんでした。試しにやってみましょう。まずは、Excel 2003の動作から。

Sheet1のセル範囲A1:A3に、リストの元になるデータを入力します。名前は設定しません。



別のシートを開きます。



入力規則のリストを設定します。[元の値]ボックスには、別シートのアドレスを直接指定します。



[OK]ボタンをクリックするとエラーになります。別シートを参照する条件式は設定できないからです。



(よく見ると、↑変な日本語ですね^^;)

同じ操作をExcel 2007でやってみます。









リストが設定できました。

Excel 2003までのバージョンでも、リストの元になるデータが入力されているセル範囲に名前を設定して、[元の値]ボックスでその名前を参照することで、別シートのデータをリストに表示することができます。しかし、ごく希に、名前の乱用によって管理が煩雑になるケースもありました。直接アドレスを指定できるに越したことはありません。細かいけれど、うれしい改良点ですね。



このエントリーをはてなブックマークに追加