機能と数式 | VBA | セミナー | オンラインソフト | お問い合わせ | その他
Top > Excel > Excel 2007レビュー

テーブル機能と重複データの削除



これもVBAの話です。

ワークシートの表をテーブルにします。



このデータに対して重複データの削除を実行し、それをマクロ記録します。





ここでは、1件目と3件目の"田中"データが重複していますので、3件目の"田中"データが削除されます。



さて、マクロ記録されたのは、次のようなコードです。



この記録されたマクロを、もう一度最初のデータに対して実行するとエラーになります。



これは、マクロ記録の不具合というよりは、ローカライズのミスでしょうか。
そもそも、次のようなコードが失敗します。



犯人は

ActiveSheet.Range("テーブル1[#すべて]")

です。次のようにするとうまくいきます。

ActiveSheet.Range("テーブル1[#ALL]").RemoveDuplicates Columns:=Array(1, 2, 3), _
    Header:=xlYes



このエントリーをはてなブックマークに追加