機能と数式 | VBA | セミナー | オンラインソフト | お問い合わせ | その他
Top > Excel > Excel 2007レビュー

ステータスバーの消し方



Excel 2003は[オプション]ダイアログボックスの[表示]タブで、Excelのパーツごとに表示/非表示を設定できました。

クリックすると拡大します。拡大画像はクリックすると消えます

Excel 2007でも[オプション]ダイアログボックスで、パーツの表示/非表示を設定できるのですが、さらに細かい指定が可能になっています。

クリックすると拡大します。拡大画像はクリックすると消えます

「数式バー」などExcel全体に影響するパーツと、「スクロールバー」や「シート見出し」などシートごとに表示/非表示を指定できるパーツなどに分類されています。でも、ちょっと待ってください。いくら探しても「ステータスバー」を非表示にするオプションが見あたりません。どうやら[オプション]ダイアログボックスで設定できなくなってしまったようです。ちなみに、リボン[表示]タブの[表示/非表示]グループにも、いくつかの設定項目が用意されているのですが、ここでも「ステータスバー」を消すことはできません。



Excel 2007では「ステータスバー」を非表示にする設定が割愛されたようです。Excel 2007のステータスバーには、マクロ記録を開始するボタンや、機能が拡張されたオートカルクなどが配備されていますので、これを隠すのは想定外ということでしょうか。手動操作でステータスバーを消すことはできませんが、以下のマクロで非表示にできます。

Application.CommandBars("Status Bar").Visible = False



このエントリーをはてなブックマークに追加