機能と数式 | VBA | セミナー | オンラインソフト | お問い合わせ | その他
Top > Excel > Excel 2007レビュー

QATにマクロを登録する



Excel 2007で何かマクロを自作したとき、そのマクロをどうやって実行したらいいのでしょう。今までは、次のような方法が一般的でした。

  1. ワークシート上にボタンを挿入する
  2. メニューに独自のコマンドを挿入する
  3. ツールバーにボタンを挿入する

このうち、2.と3.はExcel 2007で使えません。メニューとツールバーという機能がなくなったからです。ですが、状況によってはワークシート上にボタンを挿入できないケースもあるでしょう。そんなときのために、Excel 2007にはクイックアクセスツールバー(QAT)と呼ばれる機能が用意されています。通常はリボンの上に表示されている、とても慎ましやかなツールバーがQATです。



ここでは、QATの詳しい使い方は割愛しますが、QATには自作マクロを登録することもできます。従来のツールバーのように、ボタンを挿入して、そのボタンにマクロを登録して・・・という二段階の手続きは必要ありません。マクロを直接登録して実行できるんです。まずは、新しく作成したマクロをQATに追加する手順をご紹介しましょう。

Excel 2007を起動し、新しいブックが表示されている状態で、Alt+[F11]キーを押します。実行するとVBEが起動しますので、何か適当にマクロを作成してください。ここでは、標準モジュールに次のようなマクロを作成しました。



実行すると次のようなメッセージが表示されます。



このブックに名前を付けて保存します。ここでは「マクロのテスト.xlsm」としました。[ファイルの種類]をExcel マクロ有効ブックにするのを忘れないでくださいね。

クリックすると拡大します。拡大画像はクリックすると消えます

さて、今作ったマクロ「Sample」をQATに登録してみましょう。QAT右端にある[クイックアクセスツールバーカスタマイズ]ボタンをクリックし、[その他のコマンド]を実行します。



QATのボタンは、ここでカスタマイズします。[コマンドの選択]リストで「マクロ」を選択すると、下のリストボックスにマクロのプロシージャ名の一覧が表示されます。QATに登録したいマクロを選択して[追加]ボタンをクリックすると、選択したマクロが右のリストボックスに転記されます。[OK]ボタンをクリックすると登録完了です。

クリックすると拡大します。拡大画像はクリックすると消えます



クリックすると、マクロが実行されます。
QATに登録したマクロは、上図のように、マウスポインタを合わせるとプロシージャ名がツールチップで表示されます。ここで表示されるツールチップや、QAT内に表示するアイコンの種類は、先の[Excelのオプション]ダイアログボックスで変更できます。

右のリストボックスで変更したいマクロを選択し、[変更]ボタンをクリックします。

クリックすると拡大します。拡大画像はクリックすると消えます



表示される[ボタンの変更]ダイアログボックスでは、QATに表示するアイコンと、ツールチップとして表示される文字列を変更できます。



ただし、注意すべきポイントがあります。今登録したのは「マクロのテスト.xlsm」内のマクロ「Sub Sample」だということです。当たり前ですが、このマクロを実行するには「マクロのテスト.xlsm」を「マクロを有効にする」状態で開いておかなければなりません。ブックが開いていない状態でボタンをクリックすると次のようなエラーになります。

クリックすると拡大します。拡大画像はクリックすると消えます

また、マクロが記述されているブックを「マクロを無効にする」状態で開いていると、次のようなメッセージが表示されます。

クリックすると拡大します。拡大画像はクリックすると消えます

QATに登録するマクロは、アドインか、個人用マクロブック(Personal.xlsb)に記述した方がいいでしょう。



このエントリーをはてなブックマークに追加