機能と数式 | VBA | セミナー | オンラインソフト | お問い合わせ | その他
Top > Excel > Excel 2007レビュー

機能が拡張されたテキストボックス(2)



テキストボックスの[段落]機能のうち[インデントと行間隔]タブの設定を紹介します。といっても、これは見ていただければ一目瞭然なので、何はともあれ画像をご覧ください。下図は、一番上のテキストボックスが、何も設定していない状態です。

標準
クリックすると拡大します。拡大画像はクリックすると消えます

インデント:テキストの前「0.5Cm」
クリックすると拡大します。拡大画像はクリックすると消えます

インデント:テキストの前「0.5Cm」特殊「字下げ」幅「1.27Cm」
クリックすると拡大します。拡大画像はクリックすると消えます

インデント:テキストの前「0.5Cm」特殊「ぶら下げ」幅「1.27Cm」
クリックすると拡大します。拡大画像はクリックすると消えます

次は[間隔]グループの設定です。ここでいう"間隔"とは、前後の段落との間隔という意味です。下図では、文字色を赤色にした真ん中の段落を設定しました。

間隔:段落前「6pt」
クリックすると拡大します。拡大画像はクリックすると消えます

間隔:段落後「12pt」
クリックすると拡大します。拡大画像はクリックすると消えます

[段落前]と[段落後]は、それぞれ前後の段落との間隔を指定します。[行間]は、その段落内での行間隔です。このへんはWordの設定に似ていますね。

間隔:行間「2行」
クリックすると拡大します。拡大画像はクリックすると消えます

間隔:行間「固定値」間隔「10pt」
クリックすると拡大します。拡大画像はクリックすると消えます

また、[タブとリーダー]ボタンをクリックして表示される[タブ]ダイアログボックスでは、テキストボックス内でTabキーを押したときに、カーソルが移動する位置を設定できます。





このエントリーをはてなブックマークに追加