機能と数式 | VBA | セミナー | オンラインソフト | お問い合わせ | その他
Top > Excel > Excel 2007レビュー

オートフィルタのバグ



某掲示板で教えてもらいました。ここでは、下図のようなリストを例にします。



まず正常な動作から。

1.アクティブセルをA1に置いてオートフィルタを設定します。
 このアクティブセルの位置は重要なポイントです。


2.A列を「女」で絞り込みます。


3.結果はこうなります。


4.セルB3からセルB7までドラッグして選択します。


5.Deleteキーを押します。


6.A列のフィルタを解除します。


7.絞り込まれたデータだけが削除されています。


今度はバグの操作です。

8.セル範囲A1:B1(タイトル行)を選択してオートフィルタを設定します。


9.A列を「女」で絞り込みます。


10.セルB3からセルB7までドラッグして選択します。


11.Deleteキーを押します。


12.A列のフィルタを解除します。


13.絞り込まれたデータ以外も削除されてしまいます。



この現象はオートフィルタを設定するときに、どのセルを選択していたかによって挙動が異なります。

(A)リスト内の任意のセルにアクティブセルを置いた場合 → 正常
(B)リスト全体(ここではセル範囲A1:B7)を選択した場合 → 正常
(C)タイトル行(ここではセル範囲A1:B1)だけを選択した場合 → 異常
(D)1行目全体を選択した場合 → 異常

となります。
Excel 2003では発生しませんし、オートフィルタ設定時の選択セルによって結果が異なるという仕様は変です。オートフィルタや並べ替えのとき、Excelは対象のリスト範囲を自動的に認識しますが、それに関連したバグと見て間違いないでしょう。



このエントリーをはてなブックマークに追加