取得と変換


Excel 2016で標準機能として搭載された「取得と変換」機能を、Excelユーザー目線で解説します。本解説の画面や機能は、Excel 2016(ProPlus Ver.1811)です。お使いのExcel 2016とは、画面や機能が異なる場合もあります。詳しくは「Office 2016は3種類ある」をご覧ください。多少、画面や名称が変わっていても、基本的な考え方は同じです。自分で考えてください。ProPlusは毎月機能が拡張されています。特にこの「取得と変換」に関しては変化が激しいです。ここの解説と大きな違いが生じたときは修正します。