機能と数式 | VBA | セミナー | オンラインソフト | お問い合わせ | その他
Top > Excel > VBA > Excel 2007以降のグラフ

Excel 2007以降のグラフ



Excel 2007は、それまでのExcelに比べて、大きく変わりました。最も目につくのがリボンUIの採用です。ほかにも、ワークシートの大きさが広がったとか、条件付き書式や並べ替えの設定数が増えたとか。そうした、雑誌やネットで取り上げられる変更点だけでなく、実に細かいところが変わっています。詳しくは、下記のページをご覧ください。100以上の変更点をレビューしています。


さて、Excel 2007ではグラフィックエンジンが新しくなりました。それに伴いグラフ機能も大きく変わっています。さらに、Excel 2007では次のような最悪の問題があります。

  • グラフ関係のオブジェクトが新しくなった
           ↓
  • 色とか新しい機能も追加されてるぞ!
           ↓
  • よし、さっそくマクロ記録してみよう!
           ↓
  • 何も記録されない...orz (今ココ)

Excel 2007はグラフやオートシェイプなど、新グラフィックエンジン「SmartArt」関係は、マクロ記録をしても何も記録されません。このガッカリ感は相当なものです。Excel 2010では記録されるようになったのですが、じゃぁ、Excel 2007ユーザーはどーすんだ?と。知らんぷりか?と。Excel 2007は黒歴史なのか?と。

ということで、Excel 2007から新しくなったグラフを、VBAで操作するポイントを解説します。また、Excel 2003までのコードはそのままで動くのかどうかも検証してみます。なお、本コンテンツでは、Excel 2003までのバージョンを「Excel 2003」、Excel 2007以降のバージョンを「Excel 2007」と呼びます。また、解説するのは、私がよく使うグラフが中心です。あまり使ったことのないグラフについては勘弁してください。

棒グラフ
棒グラフを作る
系列の色を設定する
データラベルを設定する

折れ線グラフ
折れ線グラフを作る
線の太さを変更する
マーカーを設定する
データラベルを設定する

円グラフ
円グラフを作る
系列を切り離す
データラベルを設定する

色について
ColorIndexプロパティと色パレットについて
ColorプロパティとRGB関数について
テーマの色について

GoogleAd


基本・共通
グラフを挿入する
グラフを削除する
グラフの位置を設定する
グラフの大きさを設定する
グラフの名前を設定/取得する
グラフの種類を変える
特定の系列だけグラフの種類を変える
元データ(セル範囲)を変更する
系列名や項目名を変更する
タイトルを設定する
凡例を設定する
数値軸を設定する
系列と要素について




このエントリーをはてなブックマークに追加