機能と数式 | VBA | セミナー | オンラインソフト | お問い合わせ | その他
Top > Excel > VBA > Excel 2007以降のグラフ

折れ線グラフを作る



折れ線グラフは折れ線のグラフ


Excel 2007で折れ線グラフを作るには、次のようにします。

Sub Sample()
    ActiveSheet.Shapes.AddChart.Chart.ChartType = xlLine
End Sub



ChartTypeプロパティに設定できる定数(グラフの種類)は、下記のページを参考にしてください。


棒グラフを作るのと、考え方は同じです。

Excel 2003のコードは動くか


Excel 2003で棒グラフの作成をマクロ記録すると、次のようなコードが記録されます。

Sub Macro()
    Charts.Add
    ActiveChart.ChartType = xlLineMarkers
    ActiveChart.SetSourceData Source:=Sheets("Sheet1").Range("A1:E4")
    ActiveChart.Location Where:=xlLocationAsObject, Name:="Sheet1"
End Sub

このコードは、Excel 2007でも問題なく動作します。



Excel 2003では、標準で「マーカー付き折れ線グラフ」が作成されますので、上のコードでは、定数xlLineMarkersが記録されています。



このエントリーをはてなブックマークに追加