機能と数式 | VBA | セミナー | オンラインソフト | お問い合わせ | その他
Top > Excel > VBA > FileSystemObject

Fileオブジェクト - Deleteメソッド



【書式】
File.Delete force

指定したファイルを削除します。
引数folderspecには削除するファイルの名前を指定します。存在しないファイル名を指定するとエラーになります。ファイルが存在するかどうか調べるには、FileSystemObjectオブジェクトのFileExistsメソッドを使います。

引数forceは省略可能です。Trueを指定すると読み取り専用ファイルも削除されます。省略するとFalseとみなされます。引数forceにFalseを指定した場合、読み取り専用ファイルを削除しようとするとエラーになります。ファイルの属性を調べるには、FileオブジェクトのAttributesプロパティを使います。

FileオブジェクトのDeleteメソッドは、FileSystemObjectオブジェクトのDeleteFileメソッドと同じ働きをします。
Sub test69()
    Dim FSO As Object
    Set FSO = CreateObject("Scripting.FileSystemObject")
    ''C:\Tmp\Report.xlsを削除します
    FSO.GetFile("C:\Tmp\Report.xls").Delete
    Set FSO = Nothing
End Sub



このエントリーをはてなブックマークに追加