ピボットテーブル基礎 セミナー


このセミナーは、当協会の専属講師の石田かのこが担当します。

石田かのこが執筆しているWeb記事「ちょこテク」

石田かのこが講義をした「スクー」の授業

このセミナーでは、Excel のデータベース機能の 1 つであるピボットテーブルの基礎についてご紹介します。普段は前任者に言われたとおりになんとなく作業をしているという方や、使ったら仕事に役立てられそうだけれど、そもそもピボットテーブルが何なのかがわからないという方にもおすすめのセミナーです。

このセミナーでご紹介するのは、ピボットテーブルでの適切な集計を行うために必要な "データ" の在り方や、作業の順番、実際にピボットテーブルで集計をするときに理解しておきたい用語や仕組みなど、ピボットテーブルの基本中の基本です。機能の本質を理解することをメインとした組織ユーザー向けのセミナーです。

協会の活動や過去に実施したセミナーの様子などは、Facebookページでご覧になれます。

同じ結果を求めるための手段を増やす

同じ結果を出せるのであれば、関数で集計してもピボットテーブルを使ってもほかの機能を使ってもよいのです。 ピボットテーブルでしかできないわけではありません。しかし、集計すべきデータの量や形、求められている作業スピード、データ更新の有無などによって、自分が対応できる手段を多く持っていることはとても重要です。作業の選択肢を増やすために、ピボットテーブルでの集計方法を身に着けておくことは武器になるでしょう。

データベースを理解し、機能を使いやすくする

ピボットテーブルは、「並べ替え」や「フィルター」、「テーブル」などと同じ Excel のデータベース機能に分類される機能です。そのため、データベースの世界の言葉やルールを知っていたほうがピボットテーブルそのものを理解しやすく、求めている結果になっていないときの原因をすばやく見つけられます。よって、このセミナーでは、データベースってなに?データベースではない表ってなに?というお話から始めます。

ピボットテーブルは難しいという印象をお持ちの方もいらっしゃいますが、ピボットテーブルでの作業がスムーズでない原因は、集計元データとなるデータベースの作り方に問題があることが多く、逆にいうと元データさえキレイにきちんと用意しておくことができれば集計作業自体は難しいものではありません。

アジェンダ

このセミナーでは下記の構成でピボットテーブルの基礎を学習いただく予定です。
ただし、当日の進行状況や質問の状況などにより変わることがあります。また、アップデートにより構成を変更することもございます。

1.データベースとピボットテーブルの概要

データベースとはなにか、ピボットテーブルとはどのような機能なのかをご紹介し、集計元データの変更に伴うピボットテーブルの更新作業について確認します。

  • データベースとは
  • ピボットテーブルとは
  • ピボットテーブルの更新作業
  • 詳細データの出力 (ドリルスルー)

2.ピボットテーブルの新規作成

用意されたデータベースを元に、ピボットテーブルを新しく作成するための手順を確認し、"フィールド" などのピボットテーブルを作成する際に知っておかなければならない用語についてご紹介します。

  • 集計するフィールドの選択と配置
  • 値フィールドと行ラベル / 列ラベル フィールドの作成
  • 不要なピボットテーブルのフィールドの削除 (除外)
  • ピボットテーブルのフィルター

3.ピボットテーブルの編集

作成直後のピボットテーブルでは求めている集計が行えていないときに、集計方法を変更したり、「合計」と「個数」と「割合」などのような複数の集計を 1 つのピボットテーブルで行ったりする方法について確認します。

  • フィールドの設定と集計
  • 値フィールドの集計方法
  • 複数の値フィールドによる集計
  • ピボットテーブルのラベルや構成の変更

4.フィルターの活用

フィルターの一覧にはあるけれどラベルに表示されていないアイテム (項目) を表示したり、逆に、集計元データからは削除されているにも関わらずフィルターの一覧に残っているアイテムを削除したりする方法について確認します。

  • データのないアイテムの表示
  • 古いアイテムの削除

5.並べ替えと表示形式

ピボットテーブルの「見た目」を変えるための、並べ替えや表示形式の設定について確認します。

  • 値の昇順 / 降順による並べ替え
  • アイテムの移動のよる並べ替え
  • ユーザー設定リストの活用
  • フィールドの表示形式

6.レポートのレイアウト

詳細なデータを折りたたんで集計結果を表示したり、小計行の表示位置を変更したりする方法について確認します。

  • ドリルダウン / ドリルアップ
  • 3 種類のレポートのレイアウト

セミナーの詳細について

開催日時

2021年

02月06日(土曜) 10:00~17:00 東京・神谷町 写真

本セミナーは、新型コロナウィルス感染防止に努め、ソーシャル・ディスタンスを保って実施します。

開催会場にご注意ください。

申し込みのときは、必ず日付を明記してください

応募締切

前日の0:00まで

開催場所

東京・神谷町:東京都港区神谷町 日比谷線神谷町徒歩1分

大阪・梅田:大阪市北区太融寺町 曽根崎東交差点そば

人数

10名~15名程度(先着順)

参加要件

  • Excelはあまり詳しくないが、これから勉強したい人
  • ピボットテーブルをきちんと使えるようになりたい人

受講料

\37,000(税込)

受講料には、各種割引制度をご用意しています。詳しくは、こちらをご覧ください。

請求書や領収証

請求書をご希望の方は、こちらをご覧ください。

領収書をご希望の方は、こちらをご覧ください。

お支払い

お支払いは銀行振込、またはクレジットカード払いよりお選びください。お申し込みの後に、銀行振り込みの場合は銀行口座を、クレジットカード払いの場合はお支払いの手順を記載した「確認メール」を差し上げます。「確認メール」を受信後、おおむね1週間以内に、お支払いください。

お振り込み日の希望などがありましたら、お気軽にお申し付けください。個別に対応いたします。

テキスト

事前に購入していただくテキストはありません。アジェンダや資料、サンプルデータなどは当日お渡しします。

その他

セミナーに関する「よくある質問」はこちらです。

お申し込み、お問い合わせは、こちらです