よくある質問・たまにある質問・想定される質問


満席かどうかは、それぞれ下記のページに記載しています。

「ベーシック」セミナーの詳細について

「スタンダード」セミナーの詳細について

すみませんが、満席は、席がない状態です。座る椅子がありません。なので「あと一人、何とかなりませんか?」と言われましても、お受けすることはできません。また、満席のセミナーでは、キャンセル待ちも、お受けしていません。今まで5,000人を超える方が受講されましたが、ほとんどキャンセルはありません。希に、都合が悪くて参加できない方もいらっしゃいますが、そうしたキャンセル(というか、お休み)のご連絡は、ほとんどが前日の夜か、当時の朝です。そのタイミングで連絡を差し上げることもできないので、キャンセル待ちもお受けしていません。ご了承ください。

含まれていません。

VBAエキスパート試験を受験するときは、各自が申し込みをしてください。また、セミナーで使用するテキストは、ご自身でご用意ください。

テキストは、オデッセイが主催しているaotenオンラインで購入できます。

aotenストア

テキストはオデッセイが販売しています。貸し出し用のテキストもありません。

まったく違います。

「VBAエキスパート」のテキストを使うのは、それを私が書いたからです。セミナーでは、テキストに載っていない重要なポイントも、たくさん解説します。セミナーの目的は、Excelを実務で使えるようになることです。

申し訳ありませんが、できません。

以前は分割払いを受けていましたが、現在は承っておりません。ご了承ください。

もちろんです。

お気軽にお申し付けください。

弊社の仕事は、このセミナーだけではありません。企業向けのセミナーや、書籍の執筆や、各種コンサルタントなど、日々忙しくしています。ですから、このセミナーだけで収入を賄おうとは思っていません。

銀行振込、またはクレジットカード払いでお願いします。

銀行振り込みの場合は振込先の口座を、クレジットカード払いの場合はお支払いの手順をメールでお伝えします。

なお、受講料の振り込み、またはクレジットカードのお支払いを確認した時点で申し込み完了とさせていただきます。

メールで受講の申し込みをされても、受講料をお支払いになる前に定員となったときは、受講できないこともあります。そうしたトラブルを避けるためにも、お早めにお手続きされた方がよろしいかと。

原則として、確認メール到着後7日以内にお支払いください。

「お問い合わせ」のページ

からセミナーのお申し込みをしたあと、弊社から振込先口座、またはクレジットカードでのお支払いの手順などを記載した確認メールを差し上げます。そのメールをお読みになってから、おおむね7日以内にお振り込み、またはクレジットカードでお支払いください。

また、確認メールの到着からセミナー開催日までが7日に満たない場合はセミナー開催日の前日までにお支払いください。

お支払いの期日は厳格なルールではありません。申込みだけして連絡なしにキャンセルされる方が過去にいらしたので、やむを得ずこういう期日を設けました。事情があれば個別に対応しますので、お気軽にお申しつけください。

また、申込みからセミナー実施日までが7日を切っている場合も、個別に対応しますし、もし振込が間に合わないときは、当日に受講料を持参されてもけっこうです。

Office TANAKAは最初、田中亨の個人事業でスタートしましたが、現在の運営母体は「一般社団法人 実践ワークシート協会」です。私(田中)が代表理事です。Office TANAKAという名称は、今後も"屋号"または"Webサイトの名称"などとして残していきます。

以前は、サイトで教室の場所などを公開していました。しかし、受講されない方や、受講を検討している方々から、直接教室への問い合わせなどが多く、ご厚意でセミナールームを貸してくださる企業に、負担をかけることになりました。

「お問い合わせは、教室ではなくOffice TANAKAにしてください」と明記していたにもかかわらず、それを守っていただけなかった方が多数いたため、教室の場所はサイトに公開しないことにしました。他にも理由はありますが、そういうことです。

教室の場所や緊急の連絡先などは、原則として、お振り込みを確認してからお伝えします。

なお、セミナーの費用を、お勤め先の企業が負担するようなとき、許諾や申し込みの段階で、稟議書や申請書などに、教室の場所を記載しなければいけない場合もあるようです。そんなときは、その旨を明記して、お問い合わせください。セミナー会場の詳しい情報をお伝えします。

もちろんです。お気軽にお申し付けください

正直なところ、できるだけ日程の変更で対応していただきたいです。

やむを得ない事情でキャンセルされる場合は、実施日の2週間前までにご連絡ください。実施日まで2週間を切った時点でのキャンセルは、受講料の半額、または全額を、キャンセル料としていただく場合があります。

なお、返金をご希望の方は、振込先の銀行名や口座番号などをお伝えください。

急病などでやむを得ず欠席する場合、ご連絡をいただければ、別の日程での振替受講を承ります。

ただし、当日ご連絡をいただけなかった場合は、出席したものとみなします。

振替受講につきましては、なるべく早い時期にご受講願います。振替受講の猶予は、最大で1年とお考えください。

まったくマクロ(VBA)の経験がないとか、マクロ記録すらやったことがない方もいます。そうした方でも、セミナー2日目の後半では、マクロ記録やネットの検索など一切使わずに、自分でマクロを作成できるようになっています。

また「ベーシック」を受講されると、マクロのコードを読めるようになります。マクロを"書く"スキルと"読む"スキルは微妙に異なります。「ベーシック」では、なぜ読めないのか、どうしたら読めるのか、などを詳解し、"読む"ためのトレーニングをします。ちなみに、そのトレーニングによって、必然的に"書ける"ようにもなります。

同じセミナーでしたら、30回まで、無料で再受講できます

また、別のセミナーを受講されるときに、受講料を割引いたします。詳しくは、セミナーの紹介ページをご覧ください。

もちろんです。ただし、デスクトップパソコンは(重たいので)ご遠慮ください。

教室には、1人1台のパソコンを用意します。OSやExcelのバージョンは、教室などによって異なります。また、お借りする教室の事情などで、OSやExcelのバージョンが変更されることもあります。

もっとも、VBAのセミナーですから、もっぱら操作するのはVBEです。VBEは、WindowsやExcelのバージョンで違いはありません。

慣れたパソコンで受講したいという方は、ご自身のパソコンを持参いただいてもかまいません。サンプルデータはUSBメモリでお渡ししますので、USBポートのあるパソコンがいいです。

その際、お使いになるExcelのバージョンは、何でもけっこうですが、Mac版はご遠慮ください。Windows版ExcelとMac版Excelでは、VBAの動作が微妙に異なります。

また、メモを取る目的で、ご自身のパソコンを持参される方もいらっしゃいます。

やりたいですね。以前は、札幌と福岡で「ベーシック」を実施したことがあります。

受講生が集まって、教室があれば、私はどこへでも出向きます。もし「こっちに来てくれ」という要望がありましたら、言ってください。

正直なところ、教室の確保が一番の問題です。1人1台のパソコンが設置されている貸し教室をご存じでしたら、教えてください。

原則として、2日続けて参加してください。

2daysセミナーのカリキュラムは、2日間を前提として作っています。1日目にヒントだけお教えして、2日目に詳しい解説をしたり、その逆もあります。1日だけ受講しても、意味が分からないと思いますよ。どうしても1日しか時間が取れないようなら、別途ご相談ください。

ラフな格好でお越しください。私もラフな格好です。

ジャージでも、浴衣でも、何ならコスプレでもけっこうです。実際に、ジャージ+サンダルで来られた方もいます。

なお、エアコンの風が苦手な女性は、何か羽織るものがあるといいです。席によっては、エアコンの風が直撃する場合もあります。

いずれにしても、2日間ずっと座っていることになりますから負担の少ない服装で、お越しください。

これ、ときどき聞かれます(笑)

皆さん都合があるでしょうから、セミナー終了後は教室で解散しています。

また、私(田中)はセミナーのとき近隣のホテルに宿泊することが多いです。ですが、たいていの場合、締め切りに追われて、ホテルで深夜まで原稿を書くことが多いです。セミナー当日に「終わってから一杯いかがですか」と誘われても、残念ながらご一緒することはできないです。