機能と数式 | VBA | セミナー | オンラインソフト | お問い合わせ | その他
Top > Excel > VBA > FileSystemObject

Fileオブジェクト - OpenAsTextStreamメソッド



【書式】
File.OpenAsTextStream([iomode, [format]])

テキストファイルを開き、開いたTextStreamオブジェクトを返します。
引数filenameには開くファイル名を指定します。OpenAsTextStreamメソッドは既存のファイルを開くメソッドです。新しいファイルを作るのではありません。引数filenameに存在しないファイル名を指定するとエラーになります。ファイルが存在するかどうか調べるには、FileSystemObjectオブジェクトのFileExistsメソッドを使います。
引数iomodeは省略可能です。読み込みまたは書き込みを表す次の値を指定します。省略すると読み込みの1が指定されたとみなされます。

モード
 1  読み込み用で開きます
 2  上書き書き込み用で開きます
 8  追加書き込み用で開きます


引数formatは省略可能です。開くファイルの形式を指定します。指定できるのは次の値です。省略するとASCIIファイルとして開かれます。

形式
 0  ASCIIファイルとして開きます
 -1  Unicodeファイルとして開きます
 -2  システムの既定値で開きます


FileオブジェクトのOpenAsTextStreamメソッドは、FileSystemObjectのOpenTextFileメソッドと同じ機能を提供しますが、OpenTextFileメソッドと違って、ファイルへの追加モードではない書き込みにも使用できます。
Sub test71()
    Dim FSO As Object
    Set FSO = CreateObject("Scripting.FileSystemObject")
    ''C:\Work\Sample.txtの末尾に現在の日時を書き込みます
    With FSO.GetFile("C:\Work\Sample.txt").OpenAsTextStream(8)
        .WriteLine Now
    End With
    Set FSO = Nothing
End Sub



このエントリーをはてなブックマークに追加