機能と数式 | VBA | セミナー | オンラインソフト | お問い合わせ | その他
Top > Excel > VBA > FileSystemObject

FileSystemObjectの解説(目次)



FileSystemObjectオブジェクトは、ドライブ・フォルダ・ファイルなどを操作できるオブジェクトです。
FileSystemObjectオブジェクトは、Scrrun.dllファイル内のスクリプティングタイプライブラリとして提供されます。
VBAからFileSystemObjectオブジェクトを利用するには、CreateObjectメソッドを実行してFileSystemObjectオブジェクトのインスタンスを作成し、そのインスタンスに対してプロパティの設定やメソッドを実行します。

ここでは、FileSystemObjectオブジェクトのプロパティやメソッドのリファレンスと、使い方のサンプルを解説します。
なお、本文の内容はExcel VBAでの操作を前提に書きますが、AccessなどのVBAや、VisualBasic(VB)からも同じ考え方でFileSystemObjectオブジェクトを操作できます。


  1. FileSystemObjectオブジェクトの使い方
  2. FileSystemObjectオブジェクトのプロパティとメソッド
  3. Driveオブジェクトのプロパティとメソッド
  4. Folderオブジェクトのプロパティとメソッド
  5. Fileオブジェクトのプロパティとメソッド
  6. TextStreamオブジェクトのプロパティとメソッド
  7. 実用サンプル



このエントリーをはてなブックマークに追加