機能と数式 | VBA | セミナー | オンラインソフト | お問い合わせ | その他
Top > Excel > VBA > FileSystemObject

Fileオブジェクト - Copyメソッド



【書式】
File.Copy destination[, overwrite]

ファイルをコピーします。
引数destinationにはコピー先のパスまたはファイル名を指定します。
引数overwriteは省略可能です。Trueを指定すると既存のファイルを上書きします。Falseを指定すると上書きせずにエラーになります。省略するとTrueが指定されたとみなされます。
FileオブジェクトのCopyメソッドは、FileSystemObjectオブジェクトのCopyFileメソッドと同じ働きをします。
Sub test68()
    Dim FSO As Object
    Set FSO = CreateObject("Scripting.FileSystemObject")
    ''C:\Work\Book1.xlsをC:\Tmpフォルダにコピーします
    FSO.GetFile("C:\Work\Book1.xls").Copy "C:\Tmp\"
    ''C:\Work\Book1.xlsをC:\TmpフォルダにReport.xlsという名前でコピーします
    FSO.GetFile("C:\Work\Book1.xls").Copy "C:\Tmp\Report.xls"
    Set FSO = Nothing
End Sub



このエントリーをはてなブックマークに追加