機能と数式 | VBA | セミナー | オンラインソフト | お問い合わせ | その他
Top > Excel > VBA > FileSystemObject

Fileオブジェクト - DateCreatedプロパティ



【書式】
File.DateCreated

ファイルが作成された日付と時刻を返します。
返り値は文字列です。
Sub test57()
    Dim FSO As Object
    Set FSO = CreateObject("Scripting.FileSystemObject")
    ''C:\Work\Book1.xlsが作成された日時を表示します
    MsgBox FSO.GetFile("C:\Work\Book1.xls").DateCreated
    Set FSO = Nothing
End Sub



このエントリーをはてなブックマークに追加